「虎の穴」へようこそ!全国大会決勝出場を目標に、日々修行中のワインアドバイザーの日記です。
http://robert10.blog108.fc2.com/
『チリワインイベント2010』参加
2010-06-05 Sat 00:56
       チリワインイベント01

◆日時:6月4日(金) 12:30~16:00
◆場所:新宿区西新宿 ヒルトン東京 4F
◆参加ワイナリー:16社 CAMINO REAL / CONO SUR / ENCIERRA / J.BOUCHON / INDOMITA / KOYLE / LAPOSTOLLE / LAROSA / MAQUIS / PORTAL DEL ALTO / RUCAHUE / TARAPACA / TIPAUME / VENTISQUERO
PATAGONIA MINERAL (ミネラルウォーター)
◆主催:チリ外務省輸出振興局、チリ大使館商務部
◎テイスティングセミナー: 12:30~14:30
1.「チリワイン最新事情」  講師:番匠國男氏(ウォンズパブリシング・エディター)
2.「チリワインテイスティング」  講師:佐藤陽一氏(マクシヴァン代表、2005年全日本最優秀ソムリエ)
◎フリーテイスティング:  13:00~16:00

この日は、新宿のヒルトン東京ホテルで行われた、チリ外務省・大使館主催のワインセミナー&試飲会に参加してきました。
チリといえば、2月に起こったM8.8の大地震が記憶に新しいですが、ワイン産業も大きな打撃を受け、約1億2500万ℓ(約12%)ものワインが被害を受けたそうです。官民挙げての努力や外国からの援助もあり、今ではかなり復興を遂げたとのことであります。

       Chistobal Ossa氏

セミナーでは、まず主催者側からChistobal Ossa氏のチリと日本との結びつきや震災からの復興の話、そして番匠國男氏による、めまぐるしく変化するチリワインの最新情報の話があり、最後に佐藤陽一氏により6種類のテイスティングが行われました。

       チリワインイベントテイスティングアイテム01

       チリワインイベントテイスティングアイテム2

この日のテイスティングアイテム6種類。
左奥から、①Vina La Sparkling Brut、 ②Ochotierras Sauvignon Blanc 2008
手前左から、③Camino Real Reserva 2009、 ④Koyle Royale 2007、 
⑤Cuvee Alexandre 2006、 ⑥Encierra Vineyard Reserve 2007

本来でしたら、セミナーの内容、特に佐藤陽一さんによるテイスティングや、試飲会の模様を詳細にレポートしたいのですが、今は今年度版教本の検証を最優先に時間を割きたいので、内容については割愛したいと思います。

       チリイベント01

       チリイベント02

       チリイベント03

この日、試してみたのは30アイテムほど。さすがに世界で最もCPが高いといわれるチリワインだけあって、リーズナブルな価格ながら思わず唸るような美味しいワインが多数出展されておりました。CPは高いけれども単調な味わいの、いわゆる「チリカベ」というイメージからは完全に違った次元に進化を遂げていることが実感でき、おおいに勉強になりました。
スポンサーサイト
別窓 | 試飲会&セミナー | コメント:0 | トラックバック:0 
<<イタリア重要ポイント | ワインアドバイザー虎の穴 『Q』 | ALBERT BICHOT Bourgogne PIONT NOIR Vieilles Vignes 2006 アルベール・ビショー ブルゴーニュ ピノ・ノワール ヴィエイユ・ヴィーニュ>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| ワインアドバイザー虎の穴 『Q』 |

アフェリエイト3