「虎の穴」へようこそ!全国大会決勝出場を目標に、日々修行中のワインアドバイザーの日記です。
http://robert10.blog108.fc2.com/
ALBERT BICHOT Bourgogne PIONT NOIR Vieilles Vignes 2006 アルベール・ビショー ブルゴーニュ ピノ・ノワール ヴィエイユ・ヴィーニュ
2010-06-03 Thu 00:48
             アルベール・ビショー・PN


ALBERT BICHOT Bourgogne PIONT NOIR Vieilles Vignes 2006 アルベール・ビショー ブルゴーニュ ピノ・ノワール ヴィエイユ・ヴィーニュ
生産国・地域:フランス、ブルゴーニュ
格付:AOC Bourgogne
生産者:アルベール・ビショー  輸入者:メルシャン(株)
品種:ピノ・ノワール   ヴィンテージ:2006年
アルコール度数:12.5% 赤・ミディアムボディ
購入価格:1,880円 

【外観】
スティル、澄みきった、光沢のある、赤みを帯びたルビー色、中程度の色調、ディスクは薄い、脚の出来る粘性、粘性は中程度

【香り】
豊かな香り、チェリー、カシス、ラズベリー、プラム、ヴァニラ、なめし皮

【味わい】
心地よいアタック、しなやかな酸味、生き生きとした酸味、心地よい渋味、柔らかい渋味、辛口、やや甘いフレーバー、アルコールのボリューム感は中程度、コクのある、バランスの良い、ミネラル感のある、切れのある後味、余韻はやや長く7~8秒、現在飲み頃、調和のとれた、しっかりとした構成を持つ、繊細な、しなやかな印象

【総評】
外観はブル赤クラスにしてはやや濃い目の色合いで、サンジョヴェーゼに近いくらい。フチの色合いは紫色よりは赤みを帯びており、だいぶ落ち着いた印象。
香りはチェリーやラズベリーなどの赤い果実主体で、カシスのような黒い果実の印象も感じます。樽香はほんのりと感じられる程度で、外観同様、上品で落ち着いた印象です。
味わいはしっかりとした果実味があり、タンニンも柔らかいながらも、飲み口はセックで後味は硬質な感じ。ヴィエイユ・ヴィーニュらしく、ミネラル感もしっかり感じられ、上品なまとまりとなっております。ブルゴーニュの繊細さと上品さを感じることができる、ちょっと気取った料理に合わせたくなるような、大人の味わいのピノ・ノワールであります。
スポンサーサイト
別窓 | フランスワイン | コメント:0 | トラックバック:0 
<<『チリワインイベント2010』参加 | ワインアドバイザー虎の穴 『Q』 | 『ドイツ』追加点と変更点>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| ワインアドバイザー虎の穴 『Q』 |

アフェリエイト3