「虎の穴」へようこそ!全国大会決勝出場を目標に、日々修行中のワインアドバイザーの日記です。
http://robert10.blog108.fc2.com/
『ドイツ』追加点と変更点
2010-06-01 Tue 09:56
ドイツは、フランスと違い全体的に統計数値が一年新しいものに変わっています。数%の変化がほとんどで、大勢には影響ありませんが、「重要ポイント」や「実戦問題」で取り上げた中で、変わったものについて、以下に列挙します。
また、これまで『いろいろなワイン』という項目の中の一つとして取り上げられていた「VDP(ドイツ高級ワイン生産者連盟)」についての記述が独立し、より詳細な記述に変わっておりますので、この点についても補足したいと思います。

◆概略(教本P196)
・昨年版では、ドイツ全体の白・赤ワイン用ぶどう品種の栽培比率が「63%が白ワイン用、37%が赤ワイン用」とあったのが、今年度版(2008年の数値統計)では64%が白ワイン用、36%が赤ワイン用と、1%ですが変わっています。
・また味のタイプについても、「62%が辛口、38%が甘口」とあったのが、「64%が辛口、36%が甘口と、辛口がやや増えています。

◆主な栽培ぶどう品種(P199~200)
・この栽培面積や割合の数値も2008年のものに変わっており、若干の変化がありますが、上位の順位にさほど変化はありません。目立つところでは、昨年まで白の5位であったKenner ケルナーが一つ順位を下げ、WeiBburgunder ヴァイスブルグンダー=ピノ・ブラン と入れ替わったところくらいです。

◆ワイン産地と特徴(P211~218)
・教本は13の指定栽培地域について、その栽培面積順に記載されています。これも大勢に影響のある変化はありませんが、昨年度版では11位のMittelrhein ミッテルラインが、12位であったSachsen ザクセンと入れ替わっています。ワインの生産量でみた場合、最小はSachsen であることに変化はありません。
・地域別のワイン生産量をみると、モーゼルが150万hl→90万hlと激減しているのが目立ちます。試験には出ないと思いますが、念のため。

◆VDP(P220~223)
・昨年度版までは2頁分しかなかった『VDP』の記述が、今年度版では4頁と倍増しています。詳細な内容の記述に変わっており、要チェックです。
・昨年度の記述では、「●最高級クラス 一級畑(Erste Lage エアステ・ラーゲ)から造られるワインで、甘口タイプもあるが、基本的には辛口スタイルが主体である。既に品質等級がワイン法で定められているラインガウ地方の辛口タイプエアステス・ゲヴェックスと同基準で~」とあったのが、今年度版はエアステラーゲは特級区画の意。1971年のドイツワイン法による畑名区分ではなく、VDP独自の学術的な調査に基づき選定された畑の区画のことを指す。一時モーゼルの甘口がこの名前で販売されていたが、現在は行われていない。~と大幅に変わっている箇所もあります。
・また、昨年度版ではエアステ・ラーゲ・・・モーゼル地域のみ」とあったのが、削除されています
・さらに「産地別VDP認定エアステラーゲ適用ぶどう品種」リストが追加されていたり、これまで「●第2階級、●第3階級」としかなかったのが、「●第2階級 ORTSWEIN オルツヴァイン、●第3階級 GUTSWEIN グーツヴァインなどと名称が加わっている箇所もあります。「ワインブック」はこのVDPについて昨年度版と同じ記載のままですので、必ず今年度版の教本を確認するようにしてください。

以上のような点を踏まえて、これまでアップしました「重要ポイント」及び「実戦問題」につき、以下の点を訂正・追加します。
・「ドイツ重要ポイント1【概要】」において、国別生産量8位→9位に、また統計数値については、上記の数値に訂正をお願いします。
・「ドイツ重要ポイント3」一番下の欄、アールの赤ワイン生産比率87%→86%へ訂正をお願いします。
・「ドイツ重要ポイント4」ファウ・デー・ペー(VDP)の欄で、「●エアステ・ラーゲ ・・・ モーゼルのみ」、「●エーデルズース・シュッピッツエンヴァイン ・・・ 高貴な甘口スタイル」の記述について、それぞれ削除をお願いします。
・「ドイツ実戦問題4」【問72】は削除してください。
・統計数値の更新により、「ドイツ実戦問題解答」の正解の数字が一部変更になります。それぞれ以下のように訂正をお願いします。
【問3】白ワイン用が63%、赤ワイン用が37% → 正)64%、36%
【問4】62%が辛口、38%が甘口 → 正)64%、36%
【問21】白ぶどうの栽培面積順位 ⑤ケルナー → 正)ヴァイスブルグンダー
【問56】87% → 正)86%

さて、最新の「教本」が届き、試験範囲も発表となりました。全てアイテムが出揃ったところで、次回イタリアからさらにパワー、スピードともにアップしていきます。
いよいよここからラスト3ヶ月は、「ドラゴンボール」であれば「スーパーサイヤ人」モード、「エヴァンゲリオン」であれば「暴走」モードに突入であります(謎
スポンサーサイト
別窓 | ワインAD受験 | コメント:0 | トラックバック:0 
<<ALBERT BICHOT Bourgogne PIONT NOIR Vieilles Vignes 2006 アルベール・ビショー ブルゴーニュ ピノ・ノワール ヴィエイユ・ヴィーニュ | ワインアドバイザー虎の穴 『Q』 | 『フランス』各生産地域、追加点と変更点>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| ワインアドバイザー虎の穴 『Q』 |

アフェリエイト3