「虎の穴」へようこそ!全国大会決勝出場を目標に、日々修行中のワインアドバイザーの日記です。
http://robert10.blog108.fc2.com/
WSET Level3 アドバンスコース 第2回目受講
2017-04-26 Wed 01:25
4月15日の土曜日にWSET level3 アドバンスコース第2回目の講義を受けてきました。

当初は平日夜のクラスも考えたのですが、会社がある海浜幕張からは遠いため、土曜日の冨永先生のクラスを受講することに決めました

前回は最初ということで、このコースのカリキュラムや本試験についてのオリエンテーション的意味合いが強かったのですが、今回からいよいよアクセル全開モードへ突入となります。

第2回目は、ソムリエ教本でいえば「酒類飲料概論」の『原料ブドウ・ブドウ栽培』の部分になるでしょうか。
しかし、内容はそれよりはるかに詳しく論理的、講義の内容もシステマティックです。
この部分は、『ワインの科学(ジェイミー・グッド著)』や堀賢一さんの一連の著作で繰り返し読んでいた箇所と重なる部分が多く、割合スムーズに理解することができました。
やはり不断の勉強の大切さをつくづく実感します

この日出されたテイスティングアイテムは赤2種類。

WSETのテイスティングは、品種名は問われないのですが、この日は品種とそれぞれの産地の気候について問われました(その根拠も)。
一つはカベルネ・ソーヴィニヨン特有のミントのような清涼感が感じられ、ボルドーブレンドのようなバランスの良さを感じたため、カオー・メドックのカベルネ・ソーヴィニヨン主体のワインと判断。
二つめもグラスの底が見えないくらい黒みを帯びた濃い色調、タンニン量は多いもののシルキーで、酸味もしっかりと感じたためバロッサのシラーズかなと判断。

しかし「このワインは二つとも同じブドウ品種です」という一言で、思考の迷宮に陥ってしまいました。

再度口に含んでみると、両方のワインともにタンニンはシルキーで滑らかで全体的にまろやかさも表れてきたため、メルロに変更。
一つめでミントのようなニュアンスを感じたのは、比較的涼しい産地の青臭さなのかも・・・と思い直したりしましたが・・・。

結果はなんと二つともカベルネ・ソーヴィニヨンでありました。

一つめは最初の予感が的中しており、メドック2級のグラン・ヴァン「Ch.Durfort-Vivens」、二つめはナパ・ヴァレーの「Textbook」。

ナパのカベルネは、出されれば分かると高を括っておりましたが、やはりブラインドは難しい・・・。

といいますか、ここしばらく真面目にテイスティングの訓練をしてこなかったので、当然の結果といえるかもしれません。

次回の講義はGW明けとなり、あと2週間ありますので、なんとかそれまでに立て直しを図りたいと思います^^;
スポンサーサイト
別窓 | WSET | コメント:0 | トラックバック:0 
| ワインアドバイザー虎の穴 『Q』 | NEXT

アフェリエイト3