「虎の穴」へようこそ!全国大会決勝出場を目標に、日々修行中のワインアドバイザーの日記です。
http://robert10.blog108.fc2.com/
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告  
DE MARTINO CARMENERE RESERVA 347Vineyards 2011 デ・マルティノ カルメネーレ レセルヴァ 347ヴィンヤーズ
2013-02-11 Mon 21:00
シニア呼称資格試験まであと正味2ヶ月となりましたので、テイスティングの訓練にも自ずと力が入ってきます

今回試したのは、チリのカルメネーレ

ここ数年、呼称資格試験のブラインドで、フランス以外のそれぞれの国を代表する品種が出題される傾向にあり(例えば、イタリアのネッビオーロ、スペインのテンプラニーリョ、アルバニーリョ、アメリカのジンファンデル、アルゼンチンのマルベックなどなど)、その傾向が続くならば外してはならないのがこの“カルメネーレ”となります。

      カルメネーレ1

      カルメネーレ2

DE MARTINO CARMENERE RESERVA 347Vineyards 2011 デ・マルティノ カルメネーレ レセルヴァ 347ヴィンヤーズ

【生産国・地域】:チリ、マイポ・ヴァレー
【生産者】:De Martino  【輸入者】:東京ヨーロッパ貿易(株)
【品種】:Carmenere   【ヴィンテージ】:2011年
【アルコール度数】:13.5% 【タイプ】赤・フルボディ
【購入金額】:¥1,590

【外観】
〔清澄度〕澄んだ 〔輝き〕輝きのある 〔色調〕紫がかった、ルビー 〔濃淡〕濃い 〔粘性〕やや強い、豊か 〔外観の印象〕若い、濃厚な、成熟度が高い、濃縮感がある

【香り】
〔豊かさ〕しっかりと感じられる、力強い
〔特徴〕ブラックベリー、ブラックチェリー、ブルーベリー、メントール、シダ、牡丹、針葉樹、ヴァニラ、ナツメグ、甘草、チョコレート
〔香りの印象〕若々しい、開いている、第一アロマが強い、木樽からのニュアンス

【味わい】
〔アタック〕やや強い 〔甘み(アルコールのボリューム感も含む)〕豊かな 〔酸味〕なめらかな、やわらかな 〔バランス〕骨格のある、肉厚な、力強い、がっしりとした 〔タンニン分〕力強い、緻密 〔アルコール〕やや強め 〔余韻〕やや長い

【フレーヴァー】
フルーティ(濃縮した)、スパイシー
【評価】
成熟度が高く、豊か、濃縮し、力強い
【供出温度】15~18度
【グラス】中庸、大ぶり
【デカンタージュ】必要なし
【収穫年】2011年
【生産国、地域】チリ、マイポ・ヴァレー
【主なぶどう品種】カルメネーレ

外観はアルゼンチンのマルベックのようにたいへん濃い紫色を帯びたルビー。紫というよりも明るいマゼンタに近く、グラスを伝わるラルムにも紫の色素が残り、非常に凝縮感と若々しさを感じさせます。
香りも黒い果実をすり潰したような凝縮感のある第一アロマが主体で、空気に触れるとヴァニラのような樽香、チョコレートやオリエンタルスパイスなど複雑性も現れてきます。
味わいも外観や香り同様、溌剌とした若々しさと凝縮感が感じられ、チリらしい陽性な力強さが溢れてきます。ただワインとしての美味しさは、もう少し寝かせた方がより落ち着き、バランスも良くなると思われます。
カルメネーレという品種は、教本にもありますように、長い間メルロと間違われてきた品種と言われていますが、実際試してみると、メルロよりはカベルネに近い感じがします。カベルネに比べるとタンニンは強くなく、ビターチョコのようなニュアンスが強く感じられますが、このワインに限って言えばブラインドで出された場合、恐らくカベルネと答えると思えるくらい区別がつきません。
この品種に関しては、今後さらなる経験値の積み上げが必要になります。
スポンサーサイト
別窓 | チリワイン | コメント:0 | トラックバック:0 
VALDIVIESO Single Vineyard VALLE DE LAYDA Sauvignon Blanc Reserva 2010 バルディビエソ シングルヴィンヤード レイダ・ヴァレー ソーヴィニヨン・ブラン レセルバ
2013-01-31 Thu 19:46
昨日、担当店舗である神奈川県の秦野市にある店舗を巡回するために、小田急線秦野駅に降り立ったところ、駅から見えた富士山があまりにも見事だったので、思わずパチリ

      富士山20130130


さて、今日はお休みだったので、朝起きてからずっと新教本の「酒類飲料概論」をチェックし、シニア呼称試験と全日本選手権予選に向けて、対策問題集を作り直しておりました
晩御飯には鶏塩鍋が食べたくなったので、近所のスーパーで食材を買い込み、それに合いそうなワインをチョイスし、テイスティングノートをつけることにしました

      バルデビエソSB1

      バルデビエソSB2


VALDIVIESO Single Vineyard VALLE DE LAYDA Sauvignon Blanc Reserva 2010 バルディビエソ シングルヴィンヤード レイダ・ヴァレー ソーヴィニヨン・ブラン レセルバ

【生産国・地域】:チリ、DO:LEYDA VALLE
【生産者】:VINA VALDIVIESO   【輸入者】:(株)モトックス
【品種】:Sauvignon Blanc  【ヴィンテージ】:2010年
【アルコール度数】:13.5%  【タイプ】:白・辛口
【購入価格】:¥2,480

【外観】
〔清澄度〕澄んだ 〔輝き〕クリスタルのような、輝きのある 〔色調〕極めて無色に近い黄金色 〔濃淡〕薄い(無色に近い)、淡い 〔ディスク〕やや厚い 〔粘性〕やや強い 〔外観の印象〕よく熟した、成熟度が高い

【香り】
〔豊かさ〕しっかりと感じられる
〔特徴〕レモン、グレープフルーツ、リンゴ、洋梨、レモングラス、火打石、麝香
〔香りの印象〕開いている、第1アロマが強い

【味わい】
〔アタック〕やや強い 〔甘み(アルコールのボリューム感も含む)〕弱い 〔酸味〕シャープな、爽やかな 〔苦味〕穏やかな 〔バランス〕溌剌とした、ドライな  〔アルコール〕やや強め 〔余韻〕やや長い 

【フレーヴァー】
フルーティ、フレッシュな、フローラル、ミネラル感のある
【評価】
成熟度が高く、豊か
【供出温度】8~10度
【グラス】中庸
【収穫年】2010年
【生産国、地域】チリ、レイダ・ヴァレー
【主なぶどう品種】ソーヴィニヨン・ブラン

ネットより
“オーク樽発酵&熟成、年産わずか4800本のみ。冷涼な産地、レイダ・ヴァレーの単一畑(シングルヴィンヤード)のソーヴィニヨン・ブランを全て手摘みで収穫。全て新樽の500リットルの大樽で天然酵母による発酵後、フレンチオークの使用樽で6ヶ月熟成。”

ネットからの情報では、樽発酵・熟成とのことで、カリフォルニアのように樽香を効かしたスモーキーな造りなのかなと想像していましたが、外観上も香りからも樽のニュアンスはほとんど感じられません。
レイダ・ヴァレーは冷たいフンボルト海流が流れる海に近く、近年ソーヴィニヨン・ブランの産地として躍進を遂げている注目の産地でありますが、冷涼産地特有のグリーンのトーンも、樽熟成されたワインにありがちな黄金色の濃い色調もなく、プラチナのような冷たさを感じさせる金属的な外観の印象。
香りはレモンやグレープフルーツのような柑橘系果実に、レモングラス、火打石のようなミネラル感を感じ、新世界ニュージーランドのマールボロよりは、伝統国フランス、サンセールにより近い印象。
味わいはシャープな酸味が全体を引き締め、13.5度という高めのアルコール度数を全く感じさせず、フィニッシュはとてもドライ。ほのかな樽のニュアンスが全体に上品さと落ち着きを与え、とてもクリーンで上質感のあるエレガントな造り。
チリといえば、パワフルでパンチの効いた旨安ワインのイメージが先行しがちですが、最近はテロワールを重視した造りが増えており、このワインなどはまさにその典型といえるのではないでしょうか。
元々のワイン用ぶどう産地としての世界トップクラスのポテンシャルの高さに加え、フランスワインの専売特許であるフィネスを身につけたとしたら…。
2011年の輸入ワイン国別統計では、第2位のイタリアに追いつく勢いのチリでありますが、このレベルのワインを試せば、それも納得の数字といえるでしょう
別窓 | チリワイン | コメント:0 | トラックバック:0 
Cono Sur CABERNET SAUVIGNON 2011 コノスル カベルネ・ソーヴィニヨン ヴァラエタル
2012-10-16 Tue 00:36
普段飲みでガブガブ飲める安くて旨いワインないかな~、とネットで探していたところ、なんとコノスル・ヴァラエタルシリーズ5本セットが¥3,000(税込)で売り出されているのを発見w(゚o゚*)w

12本までの送料が630円であったため、早速2セット(10本)購入。

送料を入れても1本あたり¥663と、ちょ~お買い得。
これなら当分の間、値段を気にすることなく、気兼ねなくガブガブと飲んだくれることができるわけですo(*^▽^*)o~♪

      コノスル5本セット
左から、ピノ・ノワール、メルロ、カベルネ、ゲヴュルツ、ヴィオニエのヴァラエタルシリーズ

気兼ねなくガブガブといえども、「やはりテイスティングノートはきちんと書こう」と思い直し、手始めにカベルネ・ソーヴィニヨンをテイスティング。

      コノスル カベルネ1

      コノスル カベルネ2


Cono Sur CABERNET SAUVIGNON 2011 コノスル カベルネ・ソーヴィニヨン ヴァラエタル

【生産国・地域】:チリ、セントラル・ヴァレー
【生産者】:Cono Sur  【輸入者】:(株)スマイル
【品種】:Cabernet Sauvignon   【ヴィンテージ】:2011年
【アルコール度数】:13.0% 【タイプ】赤・フルボディ

【外観】
〔清澄度〕澄んだ 〔輝き〕輝きのある 〔色調〕紫がかった、ガーネット 〔濃淡〕濃い 〔ディスク〕やや厚い 〔粘性〕やや強い、豊か 〔外観の印象〕若い、成熟度が高い、濃縮感がある

【香り】
〔豊かさ〕しっかりと感じられる、力強い
〔特徴〕ブラックベリー、ブラックチェリー、カシス、メントール、シダ、針葉樹、コーヒー、甘草、チョコレート
〔香りの印象〕若々しい、開いている、第一アロマが強い、木樽からのニュアンス

【味わい】
〔アタック〕強い 〔甘み(アルコールのボリューム感も含む)〕まろやか、豊かな 〔酸味〕なめらかな、やわらかな 〔バランス〕骨格のある、肉厚な、力強い、がっしりとした 〔タンニン分〕力強い、緻密な 〔アルコール〕やや強め 〔余韻〕やや長い

【フレーヴァー】
フルーティ(濃縮した)、スパイシー
【評価】
成熟度が高く、豊か、濃縮し、力強い
【供出温度】15~18度
【グラス】中庸、大ぶり
【デカンタージュ】必要なし
【収穫年】2011年
【生産国、地域】チリ、セントラル・ヴァレー
【主なぶどう品種】カベルネ・ソーヴィニヨン

まあ、今更ながらではありますが、改めてそのコスパの高さに脱帽
エントリークラスのワインでありながら、複雑性もあり、なんといっても素晴らしいのは絶妙なバランスの良さ。
チリらしい太陽の恵みを感じさせる果実味がありながらも、上質なボルドーワインのように、じんわりと美味しさが後から広がってくる、エレガントさも持ち合わせているところが凄いところ。
しっかりとした酸味が全体を支え、カベルネ特有のミントのようなクールさが余韻となって続くため、途中でダレることもありません。
このクラスにしては、樽のニュアンスがしっかりと感じられるのは、おそらくオークチップを使っているのではと推測されますが(あくまで私見であります、間違ってたらスミマセン)、嫌味な感じはなく、ほどよい複雑性を全体に与えています。
思えば、4年前の超初心者の私に、ワインの美味しさを教えてくれたのは、このヴァラエタルシリーズでありました。
それ以降、何度も何度も飲んできたワインシリーズでありますが、改めて初心に帰りしばらくの間、味わってみたいと思います
別窓 | チリワイン | コメント:0 | トラックバック:0 
Cono Sur Gewurztraminer RESERVA 2011 コノスル ゲヴュルツトラミネール レゼルバ
2012-09-15 Sat 15:57
今から10日ほど前のこと。

私の師匠Eさんのお店“かがり火”で、今年一次試験に合格した会社の同僚たちと、ブラインドテイスティングの特訓を受けたときのこと・・・

こともあろうに、一番初めに出されたゲヴュルツトラミネールを外すという大失態を演じ、さらにその銘柄が、これまでかなりの本数飲んできた“コノスル”であったことに、内心たいへんなショックを受けてしまいました

ゲヴュルツだけは絶対に外さないという自信があったのですが、その小さな自信がガラガラと崩れ落ち、その日は赤・白合計10種類中、3つしか品種を当てることが出来ないという大惨敗を喫してしまいました

というわけで、初心に帰って今回は“コノスル”のゲヴュルツトラミネールであります。


      コノスル ゲヴュルツ2011 -1

      コノスル ゲヴュルツ2011 -2

Cono Sur Gewurztraminer RESERVA 2011 コノスル ゲヴュルツトラミネール レゼルバ

【生産国・地域】:チリ、カサブランカ・ヴァレー
【生産者】:Cono Sur   【輸入者】:(株)スマイル
【品種】:Gewurztraminer   【ヴィンテージ】:2011年
【アルコール度数】:13.5%   【タイプ】:白・辛口
【購入価格】:¥1,300

【外観】
〔清澄度〕澄んだ 〔輝き〕輝きのある 〔色調〕黄金色がかった、イエロー 〔濃淡〕やや濃い 〔ディスク〕やや厚い 〔粘性〕やや強い、豊か 〔外観の印象〕よく熟した、成熟度が高い、濃縮感がある

【香り】
〔豊かさ〕しっかりと感じられる
〔特徴〕メロン、ライチ、白バラ、アニス、コリアンダー
〔香りの印象〕開いている、第1アロマが強い

【味わい】
〔アタック〕やや強い 〔甘み(アルコールのボリューム感も含む)〕まろやか、豊かな 〔酸味〕なめらかな、スムーズな 〔バランス〕ドライな、まろやかな、ふくよかな、厚みのある 〔苦味〕コク(深み)を与える 〔アルコール〕やや強め、ヴォリュームのある 〔余韻〕やや長い 

【フレーヴァー】
フルーティ(濃縮感した)、フローラル、スパイシー
【評価】
成熟度が高く、豊か、濃縮し力強い
【供出温度】11~14度
【グラス】中庸
【収穫年】2011年
【生産国、地域】チリ、カサブランカ・ヴァレー
【主なぶどう品種】ゲヴュルツトラミネール


“ゲヴュルツトラミネール”は、呼称資格試験においては最重要な品種というわけではありませんが、バラの花束をワインにしたような強烈な印象は、やはり試験前に一度は経験しておいたほうがよいかもしれません。
そしてゲヴュルツといえば、フランス・アルザスが定番ともいえますが、香りの品種特性を押さえるのであれば、このチリの“コノスル”で必要十分ともいえるのではないでしょうか。
もちろん、ボディの厚みや味わいの深み、複雑性などは、本場アルザスの名のある造り手のものには及びませんが、千円台前半という価格でこのまとまりとバランスの良さは、さすがに庶民の味方、旨安ワインの王者“コノスル”だけのことはあります。
ライチや白いバラのような、とてもアロマティックな香りは、一度嗅いだら忘れられないほどインパクトがありますが、今更ながらに、なんでこれを外したんだろ・・・??ま、きっと疲れて体調が悪かったんだね、うん!と自分を納得させるしかありませんね、これは
別窓 | チリワイン | コメント:0 | トラックバック:0 
Cono Sur Cabernet Sauvignon RESERVA 2010 コノ・スル カベルネ・ソーヴィニヨン リゼルバ
2012-03-09 Fri 23:58
今日は千葉の海浜幕張にある本社で会議のため、片道2時間近くかけて行ってきました

普段飲みのワインストックがなくなったため、帰りにイオン幕張店に寄って「コノスル」3本まとめ買い

この日はあいにくの雨で、重い鞄を持って傘を差しての帰宅のため、3本はとてもきつかったのですが、そこは飲兵衛の悲しい性(さが)であります。

この日、買ったのはこの3本。レゼルバの2本は、まとめて¥1,980の超お買い得だったので迷わず購入

      コノスル20120309-1

左から『コノスル カベルネ・ソーヴィニヨン レゼルバ 2010』、『コノスル ピノ・ノワール レゼルバ 2010』、『コノスル ヴィオニエ ヴァラエタル 2010』

そして、ディナーの『マルちゃんソース焼きそば』に合わせたのが、『カベルネ・ソーヴィニヨン レゼルバ』

      コノスルCS20120309

『コノスル』の凄いところは、新世界ワイン特有のピュアでクリーンな果実味・凝縮感と、ボルドーやブルゴーニュの‘繊細さ’と‘エレガント’さを持ち合わせているところ。
このカベルネにしても、凝縮感の背景にしっかりとした酸が全体を支え、かつ複雑性も持ち合わせているため、何杯飲んでも飽きることがないところが、他の濃いだけの新世界安ワインと違うところでしょうか。
100%手摘み、かつフランス産オーク樽で熟成させたカベルネが1,000円を切ってこの味わいということは、本場フランスではありえない驚異的なCPと言えるでしょう。

最近疲れ気味で、ワインも優しい味わいのリースリングやピノ・ノワールに好みがシフトしているこの頃でありますが、久しぶりに安くてエレガントなカベルネに大満足でありました=*^-^*=
別窓 | チリワイン | コメント:0 | トラックバック:0 
| ワインアドバイザー虎の穴 『Q』 | NEXT

アフェリエイト3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。