「虎の穴」へようこそ!全国大会決勝出場を目標に、日々修行中のワインアドバイザーの日記です。
http://robert10.blog108.fc2.com/
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告  
WSET説明会参加
2017-01-22 Sun 12:23
今年の大きな目標として、「WSET Level3」合格を目指したいと考えております。

これまで独学でJ.S.A.ワインアドバイザー、シニアワインエキスパート、CPAチーズプロフェッショナルなどに合格してきましたが、これから一層成長していくためには、我流ではなく、やはりシステマティックに勉強いていくことが不可欠であろうと考えたわけです

いろいろネット上で探していたところ、南青山にあるキャプランさんが20日夜に説明会を開催されるとのことで、仕事が終わってから参加してきました。
昼間には雪がちらつくとても寒い日でしたが、数十名の方が参加されておりました。

説明会ではWSETとはどのような資格なのかから始まり、Level1から最高峰であるLevel4(Diploma)までのカリキュラムと、ソムリエ呼称資格試験との違いなどを解説ただいたあと、実際にブルゴーニュの赤ワイン1種類を使ってのWSET流テイスティングの実演

Level3の講義では、一方的に聴くだけの講義ではなく、テキストを理解した上でのディスカッションが中心となるようで、予習をしっかりとして参加しないとついていけないカリキュラムのようです。
またそのディスカッションにも正解が必ずしもあるわけではないようで、その辺りが欧米式の考える力をつける教育体系なのかなと感じました。

テイスティングも、ソムリエ協会流のテイスティングとの共通点も多々あるものの、独自の手法に沿った分析をしなければならず、よりシステマティックに考える必要があるようです。

講義は4月から始まり、試験が10月と長丁場となります。

日程的には平日の夜、仕事が終わってから青山まで通っての出席になり、かなりハードなスケジュールとなりそうですが、それだけに合格したときの達成感も大きいのでしょう。

さて、毎晩の晩酌代を節約して、授業料を捻出しないといけません (ノ_<)
スポンサーサイト
別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0 
ぶどう栽培2017その①『休眠期』
2017-01-15 Sun 20:36
今年一番の寒波襲来ということで、日本海側は大雪、私の故郷佐渡でもかなりの積雪となっているようです

もっとも今住んでいる千葉県の方では、寒いものの風もあまりない晴天の日が続き、日中の日差しは暖かさを感じるくらいで、同じ日本でも全く違う世界のようであります


さて、昨年の春に庭のプランターに植えたぶどうの樹も、葉がすべて落ち、休眠期に入っております。

     ブドウの樹20170115

右側がカベルネ・ソーヴィニョン、左側がマスカット・ベーリーA

昨年は苗を植えて一年目ということで、両方とも好きなように伸ばしておいたのですが、画像でもお分かりのようにカベルネ・ソーヴィニョンの方が樹勢が強く、2倍以上枝が伸びているのが分かります。
仕立て方は、畑と違い垣根仕立てや棚仕立ては出来ないので、プランターの支柱にらせん状に枝を誘導する“行灯仕立て”。
画像は葉が落ちてから余分な枝を剪定した状態で、主幹がぐるぐると支柱に巻き付いているのがわかります。

     ブドウとブルーベリーの苗木

これが昨年4月上旬に苗を植えたばかりの状態。

     庭のぶどう20160606

これは同じく6月の梅雨入り前の状態。
カベルネ・ソーヴィニョンと、マスカット・ベーリーAの葉の形の違いなどがハッキリと分かります

6年前にデラウエアを植えたときには、度重なるコガネムシの襲来で枯れてしまったのですが、今年は多少の被害はあったものの順調に成長しました。
一年目で実は付けなかったのですが、今年は実を付ける期待を込めて、ぶどうの生育サイクルをレポートしてみたいと思います。

     チューリップ1

     チューリップ2

冬になって庭が寂しくなってきましたので、先月上旬にチューリップの球根を植えました。

春になって花が咲くのが今から楽しみです
別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0 
ブドウ栽培・・・その2
2016-05-10 Tue 06:44
4月の上旬に植えたブドウ苗たちの、一カ月経った状態です。

      マスカット・ベーリーA0506

マスカット・ベーリーA・・・葉っぱがたくさん開いており、順調に育っております。

      カベルネ・ソーヴィニヨン0506

カベルネ・ソーヴィニヨン・・・晩熟の品種らしく、なかなか葉っぱが出てきませんでしたが、暑いくらいの日が続き、ようやく葉がたくさん開いてきました。

      イチゴ0506

イチゴは大きな実がつくようになり、第一弾めを収穫し美味しくいただくことができました

      枝豆0506

4つ植えた枝豆も大きくなってきました。

      カボチャ0506

一番驚いたのはカボチャの成長の早さです。ちっちゃな苗を買ってきたのに、一カ月で巨大化しております Σ(゚Θ゚)

      ミニトマト0506

5つ苗を買ってきたミニトマトは花がいっぱい咲き、実が付くのが楽しみになってきました

      ブルーベリー0506

ブルーベリーは花が落ち、これから実が付くのか?

      カナヘビ0506

近くでガサガサと音がしたので見ると、この庭の主と思われるカナヘビくん登場。ひと月前に見た個体よりもはるかに大きく、全長で15cmくらいはありそうか


もう少し暑くなると、黄金虫の襲来が予想されますが、今回は防虫ネット等で対策をしっかりとしようと思います。
別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0 
ブドウ栽培始めました
2016-04-05 Tue 07:31
新しい教本を先月入手したため、ただいま旧版との違いを精査しつつ、コンクール対策の自作問題集を作っているところです。

併せて、今年一般呼称を受験する方たち向けの重要ポイントと実戦問題も作成しておりますので、項目ごとに完成次第、アップしていきたいと思います

さて、まだ寒の戻りはあるものの、関東では桜も満開となり、春らしくなってきました

我が家の小さな庭も、何もないのは寂しいので、仕事の異動を機にブドウの樹を育てることにしました。

Amazonで検索したところ、「カベルネ・ソーヴィニヨン」と「マスカット・ベーリーA」の苗木が見つかったので、さっそく購入。

      届いた苗木(左:MBA、右:CS)

左が「マスカット・ベーリーA」、右が「カベルネ・ソーヴィニヨン」ですが、表示がないとただの木の枝がさしてあるようにしか見えません (´・_・`)

お休みに近所のホームセンターへ行き、深めのプランターや培養土、他にブルーベリーやイチゴ、ミニトマトなどの苗も併せて購入し、久しぶりの庭仕事。

      ブドウとブルーベリーの苗木

左がカベルネ・ソーヴィニヨン、右がマスカット・ベーリーA、真ん中がブルーベリー

      イチゴの苗

四季取り可能なイチゴの苗

      ミニトマトの苗

ミニトマトも植えました

      庭の住人カナヘビくん

この小さな庭の食物連鎖の頂点に立つカナヘビくんも、今年初めて姿を見せました

5年前にデラウエアの栽培にチャレンジしたときは、フィロキセラならぬ黄金虫の度重なる襲撃で、あえなく枯れてしまいましたが、今回はなんとか収穫まで漕ぎつけたいと思います。

もっともブドウの場合、苗木を植えて実がつくのは2年目以降になりますが・・・。

成長の様子は今後ときどきアップしていきたいと思います。
別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0 
再起動
2016-03-22 Tue 01:25
景山:「君にとって、ワインとは何だね」 「なぜ そんなに大事なんだね」

カナ:「ワインとはですか?」 「うーん・・・橋だからでしょうか」

景山:「橋?」

カナ:「人と人を結ぶ橋 土地と土地を結ぶ橋」 「そして時間 現在と過去 現在と未来 過去と未来を結ぶ橋」

(漫画『ソムリエール』第18巻より)



本日、会社の異動の発令がありました。

新しいミッションは、本社の中の人事教育、それもワインの専門教育担当ということで、長い間この仕事がやりたいと会社に訴えかけていた仕事になります。

現在のイ○ン、それも新しいイ○ンスタイルという店舗形態をご覧いただいたことのある方はお分かりかと思いますが、リカーのショップはどんどんと専門店化が進み、最も新しい改装・新店舗はまるで百貨店のワイン売場ような店構えになっております。

お金をかければ簡単に店構えは“専門店”化できるわけですが、我が社の一番の課題はそこで接客販売できるだけのスキルをもった人材の育成が追いついていないことであると個人的には考えており、その為の教育部署の立上げと教育の推進が急務であると言い続けてきたわけで、ようやくその念願がかなったことになります。

これまでは正直半ば諦めに近い気持ちもあったのですが、これからは仕事の内容そのものがコンクール対策にも密接に絡むことになりますので、一転して環境的にはまたとないチャンスを得たことになります。

そして、日本ソムリエ協会のHPで今年度のアドバイザー選手権予選日程の発表がありましたが・・・。

な、なんと、5月23日(月)が予選の開催日となり、当初の予定よりも2ヵ月も早まることになっているではありませんか Σ(゚□゚(゚□゚*)

しかも、今回も準決勝はなく、決勝に駒を進められるはわずか6名という狭き門となっております・・・ (つД`)ノ

つまりあと正味2ヵ月しかないわけですが、最後のアドバイザー選手権、あがくだけあがいてみたいと思います。

というわけで、本日より再起動!

果たして2ヵ月で間に合うのか・・・。


これはイメージです
別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0 
| ワインアドバイザー虎の穴 『Q』 | NEXT

アフェリエイト3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。