「虎の穴」へようこそ!全国大会決勝出場を目標に、日々修行中のワインアドバイザーの日記です。
http://robert10.blog108.fc2.com/
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告  
仲田晃司さんとの記念撮影
2018-01-22 Mon 00:08
今月の8日に某局のTV番組『プロフェッショナル仕事の流儀』で放送されたブルゴーニュのワイン醸造家、仲田晃司さんが我が社の四ツ谷のお店にご来店されました。

IMG_1729.jpg

滞在された時間は、1時間ちょっとと短い時間だったのですが、ワインセミナーには多くのお客さまにご参加いただき、狭い店内はたいへんな盛り上がりとなっておりました。

この日、初めてお目にかかり、直にお話を伺ったのですが、TVでの印象そのままに、とても素朴で飾らないお人柄でありました。

IMG_1734.jpg

光栄なことに、ツーショットでの記念撮影をしていただきました☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

そして、仲田さんのサインが入った“Corton”、“Gevrey Chambertin ”、“Fixin”の3本を購入

これは宝物として、何かのお祝いのときのために、しばらくセラーで寝かせておくことにしますヽ(≧∀≦)ノ
スポンサーサイト
別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0 
ブドウ栽培2017その3 開花
2017-05-24 Wed 01:32
このところ日中は真夏並みの暑さの日が続いたためか、庭のブドウの生育状況も極めて順調に推移しております

今月に入って花房が付き始めましたが、カベルネ・ソーヴィニヨン、マスカット・ベーリー・Aともに開花となりました。

    カベルネ・ソーヴィニヨン開花

こちらがカベルネ・ソーヴィニヨン。こんな花房が10くらい付いております。

    マスカット・ベーリー・A開花

そしてこちらがマスカット・ベーリー・A

ブドウの樹に実がなるのは2年目からというセオリー通りの展開となりつつありますが、果たして順調に結実となるのでしょうか・・・🍇

    イチゴ収穫

昨年の春に植えたイチゴは今年も実を付け、熟した実から美味しくいただいております(*^_^*)

GW中に、野菜や果物の苗を買ってきて植えましたが、こちらも順調に育っております。

    小玉スイカ

小玉スイカ

    キュウリ

ミニキュウリ

    ナスとズッキーニ

ナスとズッキーニ

    枝豆

そして、ビールのお供(になるはず)の枝豆

毎年、枝豆は放っておいても実を付けるのですが、ウリ科の野菜は梅雨の季節に入るとうどん粉病などのカビ病にやられてしまい、なかなか収穫までいきません(´・_・`)

さて今年はどうなることやら・・・。

ブドウの成長とともに、野菜たちのレポートもしていきたいと思います(* ´ ▽ ` *)
別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0 
ブドウ栽培2017その2 春の訪れ
2017-03-29 Wed 11:05
日々の忙しさにかまけ、気づいてみれば2ヵ月ぶりの更新となってしまいました

一昨日は寒の戻りがあり、関東でも真冬を思わせる寒さとなりましたが、春はもうそこまで来ております。

わが家の小さな庭にも春の訪れを告げる花が咲き始めてきました

    IMG_1140.jpg

これは毎年プランターに真っ先に花をつける「ムスカリ」という名の球根植物。

買って植えた記憶もなく、したがって名前も知らないまま勝手に毎年花を咲かせているのですが、気になって調べたところヒヤシンスの近縁にあたることが分かりました。
花がブドウの房のように見えることから、英名は「グレープヒヤシンス」とのこと。

    IMG_1141.jpg

イチゴの花も咲いてきました。
昨年は収穫できた実が少なかったのですが、今年は期待しております

    IMG_1138.jpg

チューリップはもう少しで花が咲きそうです

    IMG_1142.jpg

ブルーベリーは沢山の小さな花が咲き始めてきました。
これも昨年は一年目でほとんど収穫できなかったので、今年が楽しみです。

    IMG_1148.jpg

さて、肝心のブドウですが、マスカット・ベーリーAはようやく“萌芽”の段階に差し掛かり、芽が膨らんできております。

    IMG_1144.jpg

一方、カベルネ・ソーヴィニヨンは未だに休眠状態のまま。
晩熟型の代表らしく、まだまだ暖かくならないと芽がでてこないようです。

話は変わりますが、新しいソムリエ教本は今月上旬に入手し、現在変わった点を調べております。

「チーズプロフェッショナル教本」も入手はしているのですが、まだよくみれておりません。

できましたら極力今年も重要ポイントや実戦問題を作成し、アップしていきたいと思っております
別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0 
WSET説明会参加
2017-01-22 Sun 12:23
今年の大きな目標として、「WSET Level3」合格を目指したいと考えております。

これまで独学でJ.S.A.ワインアドバイザー、シニアワインエキスパート、CPAチーズプロフェッショナルなどに合格してきましたが、これから一層成長していくためには、我流ではなく、やはりシステマティックに勉強いていくことが不可欠であろうと考えたわけです

いろいろネット上で探していたところ、南青山にあるキャプランさんが20日夜に説明会を開催されるとのことで、仕事が終わってから参加してきました。
昼間には雪がちらつくとても寒い日でしたが、数十名の方が参加されておりました。

説明会ではWSETとはどのような資格なのかから始まり、Level1から最高峰であるLevel4(Diploma)までのカリキュラムと、ソムリエ呼称資格試験との違いなどを解説ただいたあと、実際にブルゴーニュの赤ワイン1種類を使ってのWSET流テイスティングの実演

Level3の講義では、一方的に聴くだけの講義ではなく、テキストを理解した上でのディスカッションが中心となるようで、予習をしっかりとして参加しないとついていけないカリキュラムのようです。
またそのディスカッションにも正解が必ずしもあるわけではないようで、その辺りが欧米式の考える力をつける教育体系なのかなと感じました。

テイスティングも、ソムリエ協会流のテイスティングとの共通点も多々あるものの、独自の手法に沿った分析をしなければならず、よりシステマティックに考える必要があるようです。

講義は4月から始まり、試験が10月と長丁場となります。

日程的には平日の夜、仕事が終わってから青山まで通っての出席になり、かなりハードなスケジュールとなりそうですが、それだけに合格したときの達成感も大きいのでしょう。

さて、毎晩の晩酌代を節約して、授業料を捻出しないといけません (ノ_<)
別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0 
ぶどう栽培2017その①『休眠期』
2017-01-15 Sun 20:36
今年一番の寒波襲来ということで、日本海側は大雪、私の故郷佐渡でもかなりの積雪となっているようです

もっとも今住んでいる千葉県の方では、寒いものの風もあまりない晴天の日が続き、日中の日差しは暖かさを感じるくらいで、同じ日本でも全く違う世界のようであります


さて、昨年の春に庭のプランターに植えたぶどうの樹も、葉がすべて落ち、休眠期に入っております。

     ブドウの樹20170115

右側がカベルネ・ソーヴィニョン、左側がマスカット・ベーリーA

昨年は苗を植えて一年目ということで、両方とも好きなように伸ばしておいたのですが、画像でもお分かりのようにカベルネ・ソーヴィニョンの方が樹勢が強く、2倍以上枝が伸びているのが分かります。
仕立て方は、畑と違い垣根仕立てや棚仕立ては出来ないので、プランターの支柱にらせん状に枝を誘導する“行灯仕立て”。
画像は葉が落ちてから余分な枝を剪定した状態で、主幹がぐるぐると支柱に巻き付いているのがわかります。

     ブドウとブルーベリーの苗木

これが昨年4月上旬に苗を植えたばかりの状態。

     庭のぶどう20160606

これは同じく6月の梅雨入り前の状態。
カベルネ・ソーヴィニョンと、マスカット・ベーリーAの葉の形の違いなどがハッキリと分かります

6年前にデラウエアを植えたときには、度重なるコガネムシの襲来で枯れてしまったのですが、今年は多少の被害はあったものの順調に成長しました。
一年目で実は付けなかったのですが、今年は実を付ける期待を込めて、ぶどうの生育サイクルをレポートしてみたいと思います。

     チューリップ1

     チューリップ2

冬になって庭が寂しくなってきましたので、先月上旬にチューリップの球根を植えました。

春になって花が咲くのが今から楽しみです
別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0 
| ワインアドバイザー虎の穴 『Q』 | NEXT

アフェリエイト3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。