「虎の穴」へようこそ!全国大会決勝出場を目標に、日々修行中のワインアドバイザーの日記です。
http://robert10.blog108.fc2.com/
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告  
SALA VIVE SEMI SECO
2010-12-09 Thu 00:52
今回は前回のBrutに続き、同じ「SALA VIVE」のSEMI SECOを試してみました。理屈の上では『Brut』や『SEMI SECO』の違いは、後から加える砂糖の量的な違いであって、その他の要素の違いはないはずと解釈しているのですが、果たしてどんな違いが感じられるでしょうか?     

       サラビベ・セミセコ

SALA VIVE SEMI SECO サラ・ビベ セミ・セコ
【生産国・地域】:メキシコ   【生産者】:Freixenet社
【品種】:シュナンブラン、ピノ・ノワール(使用比率不明) 
【ヴィンテージ】:NV  【アルコール度数】:11.5%   白、やや甘口
【輸入者】:コルドンヴェール(株)  【購入価格】:¥780

【外観】
落ち着いた印象の、淡い黄金色。キメが細かく持続性がある泡がグラスの底から立ち上るのはブリュットとほぼ同じ。

【香り】
豊かな果実味と熟成感を感じる香り。黄色い花の香り、林檎や洋梨、黄桃のような黄色い果実の香り。ヴァニラ香のような木樽のニュアンスはブリュットほど感じない。ナッツやトーストのような酵母の香り。ブリュットよりも果実香と清涼感をより感じる。

【味わい】
芳醇でまろやかなアタック。まろやかで滑らかな酸味。黄色い果実の甘いフレーバーの後にナッツや酵母のようなニュアンスが続き、やや苦味を伴った余韻が続く。バランスはよいが、後味の苦味がやや強く感じる。アルコール度数は低いが、厚みのある芳醇な味わい。

【総評】
「やや甘口」ということで、口当たりの良いほのかな「甘味」を予想していたのですが、予想ほど甘くはなく実感としては「やや辛口」くらいに感じました。スパークリングワインの甘辛表示には当然のことながら後で加える糖分の基準があるわけですが、糖分以外の全体的な味わいのバランスによってもその感じ方が変わってくるわけで、「やや甘口」なのか「やや辛口」なのかは感覚的に判別するのが難しい感じがします。スパークリングについてはまだまだ経験が足りないこともあるかもしれませんが
同じメーカーの同じシリーズでありながら、その糖分の違い以上に、香りや味わいには明確な違いがありました。黄色い花や熟した黄色い果実の厚みのあるニュアンスは共通でありますが、ブリュットが全体的に熟成感が主体であったのに比べ、セミセコはどちらかといえばシュナンブラン特有の果実味をより感じます。
酵母やナッツのようなニュアンスも共通するところがありますが、ブリュットの方が後味の切れがよくスッキリしているのに比べ、セミセコの方が後味にエグ味のような苦味が残るところが気になりました。
とはいえブリュットと同じく厚みを感じさせる味わいなので、しっかりとした味付けの料理にも負けず、日常気軽に飲むスパークリングとしては重宝するワインだと思います。
スポンサーサイト
別窓 | メキシコワイン | コメント:0 | トラックバック:0 
SALA VIVE BRUT
2010-12-02 Thu 11:50
秋の一大イベント、ボージョレー・ヌーヴォーも一段落し、息つくまもなく今度はクリスマスに向けての準備であります。
クリスマスといえばなんといっても「スパークリングワイン」ということで、自店で取扱いのあるスパークリングを4本買い込み順次試すことにしました。
その第一弾は珍しいメキシコのスパーク「SALA VIVE BRUT サラ・ビベ ブリュット」。暑く、ブドウより「サボテン」のイメージが強いメキシコでワインが造られているとは、このワインを見るまで全く知りませんでした
教本にもメキシコは載ってないですしねただメーカーはスペインのCAVAで有名なフレシネ社であり、780円という低価格ながら、シャンパーニュと同じ『瓶内二次醗酵』方式で造られている驚きのスパークリングであります。

       サラ・ビベ ブリュット

SALA VIVE BRUT サラ・ビベ ブリュット
【生産国・地域】:メキシコ   【生産者】:Freixenet社
【品種】:シュナンブラン、ピノ・ノワール(使用比率不明) 
【ヴィンテージ】:NV  【アルコール度数】:11.5%   白、辛口
【輸入者】:コルドンヴェール(株)  【購入価格】:¥780

【外観】
落ち着いた印象の、淡い黄金色。キメが細かく持続性がある泡がグラスの底から立ち上る。

【香り】
豊かで熟成感を感じる香り。黄色い花の香り、洋梨や黄桃のような黄色い果実の香り。ヴァニラ、木樽のニュアンス、ナッツやトーストのような酵母の香り。果実香よりも熟成からくる香りのほうが強い。

【味わい】
芳醇で心地よいアタック。まろやかで滑らかな酸味。黄色い果実の甘いフレーバーの後にナッツや酵母のようなニュアンスが続き、ドライなフィニッシュで終わる。バランスはとても良く、後味の切れも良い。アルコール度数は低いが、厚みのある味わいで、若々しさよりも熟成感と複雑性を感じる味わい。

【総評】
焼けつくように暑い、酒といえば「テキーラ」のイメージのメキシコで、しかも冷涼な気候を好むピノ・ノワールから、『瓶内二次醗酵』方式でスパークリングワインが造られていること自体かなりの驚きなのですが、価格も安いスペインのCAVAのさらに半値とこれまた驚きです。
安いからといって品質もそれなりと思いきや、これがまたきちんと熟成感のある味わいで、ワインの段階での木樽熟成からくると思われるヴァニラ香や、二次醗酵由来のイースト香など複雑性も兼ね備えております。
ロバート・M・パーカー・Jrが87点を献上している理由も、試してみると確かに分かります。スッキリ爽やか系というよりも、どちらかといえば濃醇な香りと味わいなので、しっかりとした料理にも合いそうです。
本物のシャンパーニュを購入するには、かなりの気合と購入動機を必要とする旨安ワイン者の私でも、これなら日常気軽に瓶内二次醗酵のきめ細かい泡と熟成感のある味わいを楽しむことができます。
ちなみに「SALA VIVE」とは、フレシネ社の創業者の妻であり創立に大いなる貢献をした「ドロレス・サラ・ビベ」の名に由来するそうです。
別窓 | メキシコワイン | コメント:0 | トラックバック:0 
| ワインアドバイザー虎の穴 『Q』 |

アフェリエイト3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。