「虎の穴」へようこそ!全国大会決勝出場を目標に、日々修行中のワインアドバイザーの日記です。
http://robert10.blog108.fc2.com/
ボージョレ・ヌーヴォー解禁!!
2016-11-18 Fri 00:25
毎年秋の風物詩となった感のある「ボージョレ・ヌーヴォー」が本日解禁となりました

ひところはマスコミでも大きく取り上げられ、小売り各社の安売り競争が話題となったこともありましたが、ここ数年の扱いは地味で、今年に至ってはYahooニュースですら取り上げられていないようです(つД`)ノ

もっとも、500円前後の低価格チリワインがスーパーの最前列に並べられ、ワインが日常のアイテムとして定着してきたこともあり、特別大騒ぎする必要がなくなったこともあるかもしれません。
その意味では、日本のワイン市場も成熟してきたと言え、むしろ喜ばしいことなのかもしれませんね。

前もって予約しており、本日届いたのはこの4本

      ボージョレヌーヴォー2016

左から、「Dominique Laurent Beaujolais Nouveau 2016 ドミニク・ローラン ボージョレヌーヴォー」、
「M.Lapierre et J.C. Chateau Cambon Beaujolais Nouveau 2016 マルセル・ラピエール(シャトー・カンボン)ボージョレヌーヴォー」、
「Philippe Pacalet Beaujolais Vin de Primeur 2016 フィリップ・パカレ ヴァン・ド・プリムール」(2本)

パカレの「ヴァン・ド・プリムール」は昨年のものが1本セラーに残っており、いつか垂直試飲してみようと思います。

本日さっそく試したのは「ドミニク・ローラン」のヌーヴォー。

      ドミニク・ローラン・BJ2016-1

      ドミニク・ローラン・BJ2016-2

      ドミニク・ローラン・BJ2016-3


外観はボージョレヌーヴォーとは思えないほどの、グラスの底も見えない濃いめのルビー。
もっともグラスを傾けると、エッジはヌーヴォーらしい明るいマゼンタの色調。
ノンフィルターなので清澄度は低く、若干濁ったような印象。
粘性は高めで、ブドウの熟度の高さがうかがえます。

香りは開いており、ダークチェリーのような第一アロマに続き、バナナやキャンディーのようなMC法由来の甘い第二アロマが顕著。
甘草のような甘苦系スパイスの、ガメイ種特有のニュアンスも感じます。

アタックは外観の濃さに比べて、ヌーヴォーらしく軽やか。
酸量は多く、リンゴ酸主体の爽やかな酸味。
サラサラと流れるようなタンニンで、渋みはほとんど感じません。
バランスは軽やかですが、しっかりとした酸味が全体を支え、繊細で上品さを感じさせます。
残糖はなくドライですが、心地よい甘いフレーヴァーが余韻となって続きます。

全体的にはヌーヴォーらしくフレッシュで、親しみやすさが有りながらも、フィネスを感じさせる上質な仕上がりは、さすがにドミニク・ローラン。

「ヌーヴォーはジュースみたいで、こんなのワインじゃないよ」と仰る方がよくいらっしゃいますが、熟成したワイン、若々しいワインそれぞれに楽しみ方があり、それを決めつけてしまうのは、多様性がある飲み物であるワインの楽しみ方を自ら狭めてしまうものだと思います。

ガメイという品種は、ピノ・ノワールのようないわゆる高貴品種と呼ばれるブドウからすると軽視されがちなブドウ品種でありますが、志ある造り手にかかると全く別物といっていいエレガントなワインに変貌を遂げるところがまたワインの面白さなのでしょう。
パカレが「ヌーヴォー」と名乗らずに「ヴァン・ド・プリムール」としているところにも、造り手としての矜持を感じることができます。

このブログでもテイスティングはかなりの期間、おサボリ状態でありましたが、これを機に再開していこうかと思います
スポンサーサイト
別窓 | フランスワイン | コメント:2 | トラックバック:0 
PHILIPPE PACALET BEAUJOLAIS Vin de primeur 2014 フィリップ・パカレ ボジョレー・ヴァンド・プリムール
2014-12-12 Fri 23:55
新店のオープンから2ヵ月近くが経ち、ようやく仕事も落ち着いてきたため、解禁時に購入してあったパカレのヌーヴォーをじっくりと味わうことにしてみました

この新酒について分析的にテイスティングコメントを羅列するのも無粋極まりなく、勿体ないことだと思われますので、今回はトマト鍋とともに無心にゆっくりと楽しんでみることにしました。


PHILIPPE PACALET BEAUJOLAIS Vin de primeur 2014 フィリップ・パカレ ボジョレー・ヴァンド・プリムール

【生産国・地域】:フランス、ブルゴーニュ地方、ボージョレ地区 AOC:BEAUJOLAIS
【品種】:ガメイ   【ヴィンテージ】:2014年
【アルコール度数】:12.0%  【タイプ】赤・ライトボディ
【輸入者】:テラヴェール(株)  【購入価格】:3,542円


      フィリップ・パカレBJ2014①

      フィリップ・パカレBJ2014②


フィリップ・パカレといえば前回飲んだ“自然派の父”マルセル・ラピエールの甥であり、現在のブルゴーニュを代表する“自然派の巨匠”であることは、今ここで改めて説明する必要もないでしょう。

パカレの理想とするボジョレーのスタイルは「濃厚な力強い味ではなく、砂質の畑のブドウから造られる、繊細でエレガントなガメイの味わい」ということで、もし「このワインを一言だけで表現せよ!」と言われたら、これ以上“エレガント”という言葉がぴったりのワインはないのではと思ってしまいます。

前回のマルセル・ラピエールのヌーヴォーにも共通することといえば、“自然派”の名のごとく、とてもナチュラルで滋味溢れる優しい味わいであるということでしょうか。

高パーカーPの濃厚なワインが好きな方で「ヌーヴォーなんてワインじゃないわ!」と仰られる方であっても、「ガメイってこんなに高貴でエレガントなぶどう品種だったのか!!」と新たな驚きを与えてくれることは間違いないでしょう。

その価格以上に満足を与えてくれるCPの高いワインはこの世にいくつもありますが、これは間違いなくそれを超えて人を“幸せ”な気分にさせてくれるワインでありましょう。

解禁後すぐに飲んで美味しいだけでなく、翌年以降も素晴らしい熟成をしますので、あえて「ヌーヴォー」ではなく、「ヴァン ド プリムール」という表記にしているらしいですが、来年以降はぜひ複数本数購入し数年間熟成させてみたいと思います。
別窓 | フランスワイン | コメント:0 | トラックバック:0 
祝「2014 BEAUJOLAIS NOUVEAU」解禁!…『M.Lapierre Beaujolais Nouveau 2014 マルセル・ラピエール ボージョレー・ヌーヴォー』
2014-11-21 Fri 23:35
11月20日(木)、毎年秋の風物詩ともなっている「ボージョレヌーヴォー」が解禁となりました

ここ数年かつてのブームよりは下火になってきており、マスコミの扱いも年々少なくなってはおりますが、3年連続売上日本一をうたい文句としている我が勤務先のイ○ンは今年も変わらない熱の入れようで、ここ数日は売場展開・準備と解禁日の試飲販売で目の回るような忙しさでありました(◎ー◎;)

流石に昨日は疲れ果てて帰宅したため、買ってきたヌーヴォーを開ける気力もなかったのですが、今日はお休みなのでじっくりと今年の新酒を味わうことに (o^-^o)


ボジョレー委員会のプレスリリースによりますと「2014年はボジョレーのために非常によい年であった」とあります。「春は早期に暑く乾燥し、最適な条件で開花。 夏は少しの雨と太陽の恩恵を受け、秋はゆっくりとしたペースで成熟することができました」と、天候面では理想的な条件であったようです。

もっとも過去最悪の不作といわれた2012年以外は、どの年もだいたいが肯定的な評価となっており、このコメントが商売に直結する以上、政治的な意図がかなりの部分反映されるのは仕方のないところではありますが(2012年も品質に関してはポジティブな評価)・・・。

ま、どのようなワインであっても最終的には造り手の力量にかかっており、“不作”といわれる年であっても名(志)のある造り手のワインを選ぶべきことはヌーヴォーであっても変わりがないと思います。

ということで今年初めてのヌーヴォーは“自然派”の父と称されるこの銘柄であります!


M.Lapierre Beaujolais Nouveau 2014 マルセル・ラピエール ボージョレー・ヌーヴォー

【生産国・地域】:フランス、ブルゴーニュ地方、ボージョレ地区 AOC:BEAUJOLAIS
【品種】:ガメイ   【ヴィンテージ】:2014年
【アルコール度数】:11.5%  【タイプ】赤・ライト~ミディアムボディ
【輸入者】:テラヴェール(株)  【購入価格】:3,218円

      マルセル・ラピエールBJ1

      マルセル・ラピエールBJ2


ノンフィルターだけあって、外観は濁ってはいないもののややモヤがかかっている、紫色を帯びた濃いめのルビー。

香りのアタックはしっかりと感じられ、第一アロマはイチゴやラズベリーなどの赤い果実シリーズにブルベリーのようなフレッシュな黒い果実の香りも感じられます。
第二アロマはゼラニュウムのようなフローラルな花の香りに、MC法特有のバナナやイチゴキャンディのようなニュアンスもありますが、わざとらしい感じはなくとても自然に感じられます。

味わいも香り同様、とてもナチュラルで素直な味付き。
コクのある濃いめの赤ワインに慣れた方だと、かなりあっさりとした味わいに感じるかもしれません。
おそらくネット通販のド派手な宣伝文句に期待して購入された向きは、その素直さにかなり拍子抜けするはず。
そしてもし、ロ○-ト・パ-○-氏が点数を付けたとしても、これはかなりの低い評価になるのではないでしょうか?
何故ならアタックのインパクトに、パ-○-好みのグイグイと押してくるような自己主張の強さはなく、むしろ控えめで清楚な印象すらあるからです。
それでも化学調味料無添加の、煮干しや削り節だけで出汁をとった味噌汁のように、じっくりと飲み進めていくうちにその素材である葡萄本来の旨味がじわじわと表れてきて、飲み飽きすることがありません。

熟成したワインの複雑性や奥行きこそが、(特に)赤ワインの本当の美味しさだとは思いますが、これはこれで素材の新鮮さやフルーティな果実味を理屈抜きに素直に味わうべきワイン。


ラピエールブランドのワインは、経営上はDm.M.Lapierre とCh.Canbonの2種類のワイナリーに分かれていますが、これはラピエール夫人が所有しACボジョレーの区画から各種 ワインを生産するChateau Canbon のラベルのもの。
“自然派の巨匠”としてワイン界に大きな足跡を残した故Marcel Lapierre 氏の遺志が継承されたこのワインも、もちろん天然酵母のみで発酵され、酸化防止剤無添加、無濾過での造り。
“自然派”の酸化防止剤無添加ワインというと、還元臭や酸化臭が強い勘違い劣化ワインが多くあり、一部評論家や消費者もそれらを持てはやす傾向がありますが、それをほとんど感じさせないのが流石に“始祖”たる所以か。

ここ数年、低価格帯商品の安値競争ばかりがマスコミに注目される傾向にあるヌーヴォーですが、一過性のブームに終わらせないためにも、このような本物こそを業界として前面にアピールすべき転換点にきているのでは?と思うのは私だけでありましょうか・・・?
別窓 | フランスワイン | コメント:0 | トラックバック:0 
JOSSELIN CHABLIS 2013 ジョスラン シャブリ
2014-08-22 Fri 13:33
基本中の基本に戻って、自宅でのテイスティング勉強再開の第二弾は、『CHABLIS』であります。

しかもグラン・クリュやプルミエ・クリュなどではなく、なんの変哲もないただのACシャブリです。

はっきり言いまして、シャブリは一般呼称資格試験のテイスティングアイテムとして、少なくとも私がこの勉強をはじめた2008年以降では出題されてはおりません(AOCまでは発表されておりませんので、100%と断言はできませんが^^;)

呼称試験に出題されるシャルドネは、フランスも日本を含む新世界のものも、樽香がハッキリと感じられる、どちらかと言えば温暖な産地のものがほとんどなのですが、なぜここで“シャブリ”なのか?
(極めて乱暴に言ってしまえば、一般呼称資格試験においては白で“樽香”を感じたら『シャルドネ』を選んでほぼ正解です)

「10種のぶどうでわかるワイン」で石田博ソムリエはこう書かれております。
「シャブリは『究極のシャルドネ』といえます。木樽や熟成による付加的な香りには頼らず、まさに純白でありながら、飽きのこない味わいでワイン愛好家を魅了しています。『シャルドネは、シャブリに始まりシャブリに終わる』とは、本当によく言ったもので、シャルドネ好き、白ワイン好きを自称するなら、シャブリへの理解を深めていないといけないのです。」

つまり「シャルドネ」というぶどう品種そのものの特徴、樽香というお化粧を剥いだ状態での“ありのまま”の姿を掴み、自分の中でシャルドネの“基準”を作るのには最適の銘柄であるといえます。
また、シャルドネの有名産地としては世界の中でもほぼ北限に近いため、“基準”が作りやすいともいえます。


JOSSELIN CHABLIS 2013 ジョスラン シャブリ

【生産国・地域】:フランス、ブルゴーニュ地方、AOC:CHABLIS
【品種】:シャルドネ   【ヴィンテージ】:2013年
【アルコール度数】:12.5%  【タイプ】白・辛口
【輸入者】:(株)徳岡  【購入価格】:1,490円

      ジョスラン シャブリ1

      ジョスラン シャブリ2


【外観】
〔清澄度〕:澄んだ  〔輝き〕:輝きのある  〔色調〕:グリーンがかった、レモンイエロー  〔濃淡〕:淡い、やや濃い  〔粘性〕:やや軽い  〔外観の印象〕:若い、軽い よく熟した、成熟度が高い

【香り】
〔豊かさ〕:しっかり感じられる
〔特徴〕:《果実》グレープフルーツ、リンゴ、洋ナシ、花梨  《花・植物》アカシア、白バラ、菩提樹  《香辛・芳香》貝殻、石灰 
〔香りの印象〕:若々しい、開いている、ニュートラル

【味わい】
〔アタック〕:やや軽い  〔甘み(アルコールのボリューム感も含む)〕:弱い  〔酸味〕:シャープな、爽やかな  〔苦味〕:控えめ  〔バランス〕:溌剌とした、ドライな、まろやかな  〔アルコール〕:やや軽い  〔余韻〕:やや短い

【フレーヴァー】:フルーティ、フレッシュ、フローラル、ミネラル感のある

【評価】:シンプル、フレッシュ感を楽しむ 成熟度が高く、豊か

【供出温度】:8~10度
【グラス】:小ぶり、中庸
【収穫年】:2013年
【生産国、地域】:フランス、ブルゴーニュ地方、AOC:CHABLIS


う~む、どっちつかずのグダグダなコメントになってしまいました ヾ(-д-;)ぉぃぉぃ
「シンプル、フレッシュ感を楽しむ」系と「成熟度が高く、豊か」系を足して二で割ったような、その真ん中くらいの印象なため、このようなコメントになってしまいました。

なぜこの銘柄を選んだのかといえば、たまたま自分の担当店舗に手頃な価格のもので置いてあったのがこの銘柄であったからで、特別深い意味はありません^^;
またインポーターのHPを調べても、造り手や醸造に関するテクニカルデーターなどは一切載っていないため、詳細は不明です。

外観は、グリーンのトーンが強い淡いレモンイエローであることは前回の甲州と似ておりますが、濃淡では明らかにこちらの方が濃く、ひと目で違いが分かります。ACシャブリの中でも濃い方ではありますまいか。

香りも、やや閉じたものが多い冷涼産地のワインの中では、はっきりとフルーティーでフローラルな香りが、アタックの段階からしっかりと感じられます。
シャブリというと“キンメリジャン”土壌由来のミネラリーな香りや味わいを連想させますが、このワインは柑橘系果実と熟れた洋ナシ、白や黄色の花を連想させるような華やかさが先に立ち、どちらかといえばマコンのような温暖なエリアを想像させるようなフルーティーさが前面に立ちます。
スワリングして空気に触れさせた後もあまり印象は変わらず、ステンレスタンク醸造・熟成のクリーンな造りと予想できます。

味わいは、アタックはやや軽めながらも、縦に貫くシャープな酸味と、余韻に残るミネラル感がやはりシャブリ。同じシンプル系でも、ミュスカデなどはフラットで平板な感じなのですが、横への“脹らみ”を感じさせるところがやはりシャルドネであります。
シンプルかつクリーンな造りであっても、ボディの厚みを感じさせるか否かが、他の品種とシャルドネを分かつ分岐点だと自分の中では解釈しております。
トータルな評価としては、フレーヴァーはやや果実味に寄っている感はありますが、スタンダードなACシャブリになると思います。

今年初めて呼称資格試験の二次試験を受験される方は、白の王道品種としてはシャルドネ、ソーヴィニヨン・ブラン、リースリングの特徴を先ず押さえることが最優先事項となるわけですが、特にシャルドネの場合は「特徴がないのがシャルドネの特徴」と言われるくらいですので、先ずはシンプルな造りの「シャブリ」とカリフォルニアかオーストラリアの比較的温暖産地の樽香を効かせたタイプの両方を比較試飲してみることをおススメいたします。
別窓 | フランスワイン | コメント:0 | トラックバック:0 
E.GUIGAL COTES DU RHONE Rouge 2009 E・ギガル コート・デュ・ローヌ ルージュ
2013-01-14 Mon 21:31
新成人の皆さま、成人の日おめでとうございます。

もっとも、関東地方は昨日まで続いた晴天がウソのように広い範囲で大雪となり、たいへんな成人の日となってしまいましたが

巷ではこのところ、ノンアルコールのビール(モドキ)や缶チューハイなどがよく売れており、ノンアルコールのカクテルを売りにするバーまで出現しているとか…
新成人の皆さんは(特に野郎ドモは)、そんな軟弱な飲みものをオーダーせず、ハードリカーをストレートで注文するような立派な大人になっていただきたいと、切に願う次第であります

さて、本日は『かがり火』で今年最初の千本ノックを受けてくる予定だったのですが、想定外の大雪で電車も止まってしまったため、あえなく断念

しょうがないので部屋に閉じこもり、せめてテイスティングノートをつけることにしました

      ギガル コート・デュ・ローヌ1

      ギガル コート・デュ・ローヌ2

E.GUIGAL COTES DU RHONE Rouge 2009 E・ギガル コート・デュ・ローヌ ルージュ

【生産国・地域】:フランス、ローヌ地方
【格付】AOC:Cotes du Rhone
【生産者】:E.GUIGAL  【輸入者】:(株)ラック・コーポレーション
【品種】:SYRAH50%、Grenache40%、Mourvedre10%   【ヴィンテージ】:2009年
【アルコール度数】:14.0% 【タイプ】赤・フルボディ
【購入価格】:¥1,580

【外観】
〔清澄度〕澄んだ 〔輝き〕輝きのある 〔色調〕紫がかった、ガーネット 〔濃淡〕濃い 〔粘性〕やや強い、豊か 〔外観の印象〕よく熟した、成熟度が高い、濃縮感がある

【香り】
〔豊かさ〕しっかりと感じられる
〔特徴〕カシス、ブラックベリー、ブラックチェリー、プラム、牡丹、赤身肉、血液、黒胡椒、丁子、シナモン、ナツメグ、甘草
〔香りの印象〕
開いている、第一アロマが強い、木樽からのニュアンス
【味わい】
〔アタック〕やや強い 〔甘み(アルコールのボリューム感も含む)〕まろやかな、豊かな 〔酸味〕なめらかな、円みのある 〔バランス〕骨格のある、肉厚な、力強い、心地よい 〔タンニン分〕力強い、緻密、サラサラとした 〔アルコール〕やや強め、熱さを感じる 〔余韻〕やや長い

【フレーヴァー】
フルーティ(濃縮した)、スパイシー
【評価】
成熟度が高く、豊か、濃縮し、力強い
【供出温度】15~18度
【グラス】中庸、大ぶり
【デカンタージュ】必要なし
【収穫年】2009年
【生産国、地域】フランス、ローヌ地方
【主なぶどう品種】シラー、グルナッシュ、ムールヴェードル

北部ローヌの帝王“E.ギガル”が造るエントリークラスのテーブルワインではありますが、そこはやはりローヌの盟主といわれるだけのことはあります。
ワインとしての完成度と安定感の高さはさすがに帝王ギガル。果実味豊かでとても凝縮感がありますが、新世界のように突出した感じではなく、繊細さも持ち合わせており、とてもバランスよくフィネスを感じさせます。
ブルーベリーやカシスのような黒い果実に、土っぽさや獣のような野性的なニュアンスも感じられ、ボルドーやブルゴーニュといった銘醸地とはまた違った“ローヌらしさ”を満喫することができます。
この価格帯のワインとしては、とても複雑な香りと味わいで、コストパフォーマンス抜群の赤ワイン。
特に今日のような雪の寒い日には、ローヌの暖かさを感じさせる、ぴったりの赤ワインと思われます。
別窓 | フランスワイン | コメント:0 | トラックバック:0 
| ワインアドバイザー虎の穴 『Q』 | NEXT

アフェリエイト3