「虎の穴」へようこそ!全国大会決勝出場を目標に、日々修行中のワインアドバイザーの日記です。
http://robert10.blog108.fc2.com/
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告  
RAVENSWOOD VINTNERS BLEND ZINFANDEL 2010 レーヴェンズウッド ヴィントナーズ・ブレンド ジンファンデル
2012-10-04 Thu 22:09
9月2日の記事で、二次テイスティング対策として、品種の選び方の優先順位を書いたわけですが、白はともかく、赤については「取りあえず試験対策的には最も後回し、もしくは無視で構わないと思います。」と書いた“ガメイ”や“ネッビオーロ”がアドバイザー、エキスパートでそれぞれ出題されてしまい、この記事をお読みいただいた受験者の方々にはたいへんなご迷惑をおかけしたことを、まずはお詫び申し上げます。

しかし、これも前回(9月26日)の記事で述べたことではありますが、ガメイも普通のボージョレやヴィラージュクラスではなく、クリュ・ボージョレのクラスともなると、勉強を始めたばかりの方々にとってはカバーすべき品種やグレードが広がりすぎ、ノーマル呼称の認定試験としてはかなり厳しいと言わざるを得ません。
私がエキスパートを受験した2008年の品種は、“リースリング(独)”、“シャルドネ(仏)”、“カベルネ・ソーヴィニヨン(チリ)”、アドバイザーを受験した2010年は、“リースリング(独)”、“シャルドネ(日)”、“シラー(仏)”と、高貴王道品種のみであったからこそ、初心者である私であっても対応できたと思われ、これが今年度の品種であったら、「赤の2品種はブラインドで当てられたか?」と自問しても、全くその自信はありません。
ノーマル呼称であれば、先ずは高貴王道品種を明確に区別できることが最重要だと思うのは、はたして私だけでしょうか?
シニア資格であればともかく、この点はソムリエ協会にもよく考えて出題していただきたいと、個人的には考えます。

さて、前置きが長くなってしまいましたが、今回は対策リストにも載せなかった“ジンファンデル”であります。

今年度のシニアエキスパートに出題されたことは分かっておりましたが、まさかノーマル呼称では出されまいと決めつけていたため、リストアップもしておりませんでした。

シニア呼称と今回出題されたジンファンデルは、ともにヴィンテージが2007年と、ともに熟成感がかなり感じられるタイプであると推測されますが、ジンファンデルそのものの特徴を捉えるために、それよりも若いヴィンテージのものを試すことにしました

      レーヴェンズウッドジンファンデル1

      レーヴェンズウッドジンファンデル2


RAVENSWOOD VINTNERS BLEND ZINFANDEL 2010 レーヴェンズウッド ヴィントナーズ・ブレンド ジンファンデル

【生産国・地域】:アメリカ、カリフォルニア州
【生産者】:RAVENSWOODWINERY  【輸入者】:アコレード・ワインズ・ジャパン(株)
【品種】:ZINFANDEL   【ヴィンテージ】:2010年
【アルコール度数】:13.5% 【タイプ】赤・フルボディ
【購入価格】:¥1,800

【外観】
〔清澄度〕澄んだ 〔輝き〕輝きのある 〔色調〕紫がかった、ルビー 〔濃淡〕濃い 〔ディスク〕やや厚い 〔粘性〕強い、豊か 〔外観の印象〕若い、よく熟した、成熟度が高い、濃縮感がある

【香り】
〔豊かさ〕しっかりと感じられる、力強い
〔特徴〕ラズベリー、ブラックベリー、ブルーベリー、ブラックチェリー、プラム、ジャム、樹脂、メントール、ヴァニラ、甘草、黒胡椒
〔香りの印象〕
若々しい、開いている、第一アロマが強い、木樽からのニュアンス

【味わい】
〔アタック〕やや強い 〔甘み(アルコールのボリューム感も含む)〕まろやか、豊かな 〔酸味〕爽やかな、なめらかな 〔バランス〕骨格のある、肉厚な、力強い、まろやかな、心地よい 〔タンニン分〕力強い、緻密、サラサラとした 〔アルコール〕やや強め 〔余韻〕やや長い

【フレーヴァー】
フルーティ(濃縮した)、スパイシー、
【評価】
成熟度が高く、豊か、濃縮し、力強い
【供出温度】15~18度
【グラス】中庸、大ぶり
【デカンタージュ】必要なし
【収穫年】2010年
【生産国、地域】アメリカ、カリフォルニア州
【主なぶどう品種】ZINFANDEL

色調はカベルネやシラーのように色素が詰まった感じではなく、エッジはぼやけた感じの濃いルージュ。近しい品種でいえば、グルナッシュやカリピノのような、やや濃い目のルビーでしょうか。
香りもラズベリーやプラムなどの赤い果実と、ブラックベリー、ブラックチェリーなどの黒い果実両方の特徴が感じられ、グルナッシュのような甘いフレーバーと、シラーのようなスパイシーなニュアンスも感じられます。
味わいは新世界の赤らしく、果実味が前面に感じられ、タンニンは柔らかく、細かく溶け込んでおり、収斂性はあまり感じられません。
ジャムのような凝縮感がありますが、酸味がしっかりと全体を支えており、バランスはとても良いワインだと思います。
ジンファンデルはまだ経験値が浅い品種ということもありますが、これをブラインドで出された場合、おそらくローヌ系の品種と答えると思います。特に呼称資格試験のような場面では、たとえ“ジンファンデル”という品種が頭の片隅をよぎったとしても、どうしても安全パイを選んでしまうのが人情であり、確信を持って答えるには、やはり相当の経験値を積まないと難しいのではないかと思います。
やっぱり、ワインは難しいですね。ま、難しいからこそ、もっともっと知りたいと思うのでしょうか・・・。
もっとも、コンクールレベルでは当てて当然の品種であり、今年のうちにはその特徴を明確に掴めるようになりたいと思います。
スポンサーサイト
別窓 | アメリカワイン | コメント:1 | トラックバック:0 
HAHN WINERY CABERNET SAUVIGNON 2009 ハーン・ワイナリー カベルネ・ソーヴィニヨン
2012-02-18 Sat 22:12
今年の風邪はなかなかにしつこく、咳と鼻水が抜けなかったため、ワインも10日以上お休みしておりました。

さすがに禁断症状が出てきて、久しぶりにおもいっきり濃い赤ワインが飲みたくなったため、ワイン専門誌『リアルワインガイド』の旨安ワインランキング上位であったカリフォルニアのカベルネをチョイスし、二週間ぶりにテイスティングノート再開であります

      ハーン C・S2009 01

      ハーン C・S2009 02


HAHN WINERY CABERNET SAUVIGNON 2009 ハーン・ワイナリー カベルネ・ソーヴィニヨン

【生産国・地域】:アメリカ、カリフォルニア州、セントラル・コースト
【生産者】:HAHN WINERY  【輸入者】:ワイン・イン・スタイル(株)
【品種】:カベルネ・ソーヴィニヨン主体   【ヴィンテージ】:2009年
【アルコール度数】:14.5% 【タイプ】赤・フルボディ
【購入価格】:¥2,280

【外観】
〔清澄度〕澄んだ 〔輝き〕輝きのある 〔色調〕紫がかった、ガーネット 〔濃淡〕非常に濃い 〔ディスク〕厚い 〔粘性〕強い、豊か 〔泡立ち〕スティル 〔外観の印象〕若い、濃厚な、よく熟した、成熟度が高い、濃縮感がある

【香り】
〔豊かさ〕しっかりと感じられる、力強い
〔特徴〕ブラックベリー、ブラックチェリー、ブルーベリー、カシス、ジャム、牡丹、シダ、樹脂、メントール、甘草、黒胡椒、チョコレート
〔香りの印象〕
若々しい、開いている、第一アロマが強い、木樽からのニュアンス
【味わい】
〔アタック〕強い 〔甘み(アルコールのボリューム感も含む)〕豊かな 〔酸味〕なめらかな、円みのある 〔バランス〕骨格のある、肉厚な、力強い、豊満な 〔タンニン分〕力強い、収斂性のある 〔アルコール〕やや強め、熱さを感じる 〔余韻〕やや長い

【フレーヴァー】
フルーティ(濃縮した)ミネラル感のある、スパイシー、
【評価】
成熟度が高く、豊か、濃縮し、力強い
【供出温度】15~18度
【グラス】中庸、大ぶり
【デカンタージュ】必要なし
【収穫年】2009年
【生産国、地域】アメリカ、カリフォルニア州、セントラル・コースト
【主なぶどう品種】CABERNET SAUVIGNON

前回の記事で「甘口赤ワイン」についてお客さまにお勧めするケースについて考察しましたが、今回はまさにその<パターン③>に当てはまる、とても‘甘いフレーバー’プンプンの典型的なカリフォルニアのカベルネ・ソーヴィニヨン
先ず外観からして若々しさの残るとても濃い紫の色調。アルコール度数が14.5度とかなり高く、グリセリンの量が多いため、ねっとりとした脚がグラスを伝い、マゼンタの色素がグラスに残ります。
香りや味わいも外観そのものの濃厚さで、‘凝縮感’というコメントはまさにこのワインのためにある言葉なのだと思ってしまいます。
黒い果実をジャムにしたような濃密な果実味が前面から押してきますが、タンニンは柔らかく酸味も適度でバランスが良く、アフターに感じるほんのりとしたオーク樽のヴァニラ香が、クリーミーでまろやかな印象を与えております。
それにしても、なぜブドウ100%で造られた飲み物なのに、こんなに濃厚な黒い果実とチョコやスパイスの香りと味わいがするのでしょうか?また残糖分はほとんど無いはずなのに、なぜこんなにフレーバーが甘く感じるのでしょうか?とても不思議に思われます。
ちなみに、ラベルの雄鶏は、ワイナリーのオーナーのニッキー・ハーン氏の「ハーン」がドイツ語で‘雄鶏’を意味するからとか。
このワイン、重い赤を飲みたいときに断然お勧めでありますが、呼称資格試験のブラインドテイスティングのサンプルとしても、カリフォルニアのカベルネの典型としてお勧めであります。
別窓 | アメリカワイン | コメント:0 | トラックバック:0 
Au Bon Climat Santa Babara County PINOT NOIR 2009 オー・ボン・クリマ サンタ・バーバラ カウンティ ピノ・ノワール
2012-01-19 Thu 23:35
激動の年末年始も終わり、久々に連休が取れたので、都内の有名ワインショップ巡りをしてきました

今日(19日)いってみたお店の一つが世田谷区にある東急田園都市線・駒沢大学駅近くの「カーヴ・ド・プティットメゾン」。
おちゃらけワインライターとして有名な葉山考太郎氏御用達のワインショップであります。

      ラ・カーヴ・ド・プティットメゾン

そこでカリフォルニアの怪人、ジム・クレンデネンが造るピノ・ノワールを発見したためさっそく購入

ジム・クレンデネン01ジム・クレンデネン02

      オー・ボン・クリマ ピノ・ノワール2009


Au Bon Climat Santa Babara County PINOT NOIR 2009 オー・ボン・クリマ サンタ・バーバラ カウンティ ピノ・ノワール

【生産国・地域】:アメリカ、カリフォルニア州、サンタ・バーバラ
【生産者】:Au Bon Climat (Jim Clendenen)  【輸入者】:(株)ヴィノラム
【品種】:ピノ・ノワール   【ヴィンテージ】:2009年
【アルコール度数】:13.5% 【タイプ】赤・ミディアムボディ
【購入価格】:¥2,780

【外観】
〔清澄度〕澄んだ 〔輝き〕輝きのある 〔色調〕紫がかった、ルビー 〔濃淡〕やや濃い 〔ディスク〕やや厚い 〔粘性〕やや強い、豊か 〔泡立ち〕スティル 〔外観の印象〕若い、よく熟した、成熟度が高い

【香り】
〔豊かさ〕しっかりと感じられる
〔特徴〕ラズベリー、チェリー、ブルーベリー、レッドカラント、プラム、すみれ、赤身肉
〔香りの印象〕若々しい、開いている、第一アロマが強い

【味わい】
〔アタック〕やや強い 〔甘み(アルコールのボリューム感も含む)〕豊かな 〔酸味〕なめらかな、爽やかな 〔バランス〕骨格のある、心地よい、流れるような 〔タンニン分〕キメ細か、緻密、ヴィロードのような 〔アルコール〕中程度 〔余韻〕やや長い

【フレーヴァー】
フルーティ(濃縮した)、ミネラル感のある
【評価】
成熟度が高く、濃縮し、豊か
【供出温度】15度~18度
【グラス】中庸、大ぶり
【デカンタージュ】必要なし
【収穫年】2009年
【生産国、地域】アメリカ、カリフォルニア州、サンタ・バーバラ
【主なぶどう品種】Pinot Noir

見た目にはどうみても豪快なロックバンドのオヤジにしか見えないジム・クレンデネン氏でありますが、今は亡きブルゴーニュの神様、アンリ・ジャイエの弟子だったこともあり、そのスタイルはブルゴーニュスタイルに最も近い繊細なものがあります。
カリフォルニアのピノ・ノワールやシャルドネというと「PLAYBOY」のグラビアに出てきそうなグラマラスでやたらと新樽の香りがプンプンの超有名ワイン評論家好みのワインのイメージがありますが、このワインは余分なお化粧や装飾を排したとても自然でクリーンな果実の味わい。
ブルゴーニュスタイルといえども、単なる物真似ではなく、サンタ・バーバラという日照量が多くかつカリフォルニア州で最も冷涼な気候を投影した独自のスタイルを確立しています。
ABCのワインの中ではスタンダードタイプであり、決して高いワインではないのですが、造っている国は違えども最近飲んだフランスのレシュノー同様、情熱をもった造り手が精魂込めて造ったワインは素直に美味しいですね。デイリーワインの価格帯で幸せな気分にさせてくれるお勧めのピノ・ノワールです。
別窓 | アメリカワイン | コメント:0 | トラックバック:0 
CLOUDLINE Pinot Noir 2008 クラウドライン ピノ・ノワール
2012-01-06 Fri 08:49
話は少し遡りますが、昨年年末に最後に飲んだワインがこれ

      クラウドライン ピノ・ノワール2008


CLOUDLINE Pinot Noir 2008 クラウドライン ピノ・ノワール

【生産国・地域】:アメリカ、オレゴン州
【生産者】:CLOUDLINE CELLARS  【輸入者】:三国ワイン(株)
【品種】:pinot Noir  【ヴィンテージ】:2008年
【アルコール度数】:13.0% 【タイプ】赤・ミディアムボディ
【購入価格】:¥2,980

オレゴンのピノというと、ブティックワイナリーが多く、ちょっと名の通ったものになると本場ブルゴーニュのプルミエ・クリュ並みのお値段になってしまい、私のような安ワイン者にとってはお気軽に普段ちょいと飲める代物ではありませんが、これは少し気張れば手の届く2,980円也。

ネットで検索してみると、‘1946年創立で、米国ニューヨークに本拠地を置く名門ワイン販売専門会社ドレフュス・アシュビー社が、“今、オレゴンで最もコストパフォーマンスの高いピノ・ノワール”を目指した特別プロジェクトから生まれたのが、このクラウドラインシリーズ’とのことで、ブルゴーニュの名門メゾン・ジョゼフ・ドルーアンとドメーヌ・ドルーアン・オレゴンの醸造責任者である『ヴェロニク・ドルーアン』が、スパーバイザーとしてこのプロジェクトに参加しているそうであります。

グラスに注いでみると、色合いは深みのあるルビーレッド。
香りはフルーティで、ラズベリーやダークチェリー、プラムのような赤い果実香が主体。
味わいは、万人受けする素直なもの。滑らかでシルキーなタンニンと酸味のバランスがとても良く、新世界のピノにありがちな果実味に寄った造りでないところが、ドルーアンらしい手堅さを感じさせます。
たしかに“オレゴン一のコストパフォーマンスを目指す”と謳うだけあって、同価格帯のその辺のACブルよりは高い満足感が得られると思います。
もっとも、少し前に試したレシュノーと比較してみると、ハッとさせられるような鮮烈な印象には欠けてはしまいますが、この価格でのネゴシアンものなら仕方のないところでしょう。

ワインを飲み始めた最初の頃は、新世界のカベルネのようにタンニンがしっかりとしているパワフルな赤が好きだったのですが、気がつけば繊細さと優しさを感じさせるピノに惹かれている自分に気がつく今日この頃であります。
これってただ単に歳をとって疲れてしまったためなのでしょうか、それともワインの味が多少なりとも分かってきて、多くの先人たちが歩んだのと同じく、最後にはブルゴーニュに嵌っていくというパターンの前ぶれなのでしょうか・・・
別窓 | アメリカワイン | コメント:0 | トラックバック:0 
HAHN WINERY Sant Lucia Higlands CHARDONNAY 2009 ハーン ワイナリー サンタ・ルシア・ハイランズ シャルドネ
2011-03-01 Tue 10:40
          ハーン・シャルドネ
          ※写真は06ヴィンテージのものです。

HAHN WINERY Sant Lucia Higlands CHARDONNAY 2009 ハーン ワイナリー サンタ・ルシア・ハイランズ シャルドネ
【生産国・地域】:アメリカ、カリフォルニア州、モントレー
【生産者】:HAHN WINERY   【輸入者】:ワイン・イン・スタイル(株)
【品種】:シャルドネ   【収穫年】:2009年
【アルコール度数】:14.1度  【タイプ】白・辛口
【購入価格】:2,280円

【外観】
光沢のある、透明感のある ややグリーンのトーンが感じられる、淡い黄金色 ディスクは厚い 粘性は非常に高く、ネットリとした感じの脚がグラスを伝う

【香り】
豊でフルーティ 洋梨、カリン、メロン、白桃など柔らかく甘い果実の香り 白い花 ナッツ、ヴァニラなどほのかな樽のニュアンス

【味わい】
重量感のあるアタック 穏やかな酸味 辛口 トロピカルフルーツのような甘いフレーバー アフターには心地よい苦味が現われる アルコールのボリューム感を感じる ミディアム~フルボディ 切れの良い後味 バランスは良い 余韻はやや長く7~8秒 凝縮感があり豊かな果実味を感じる味わい

【総評】
カリフォルニアらしい芳醇さを感じさせる凝縮感のあるシャルドネ。
香りや味わいは柑橘系の爽やかさやシャープさではなく洋梨や桃、メロンのような優しさと柔らかさを感じさせます。ローストしたナッツやヴァニラなどの樽のニュアンスは上品で押付けがましくなく、時間が経つにつれて徐々に現われて複雑性を増していきます。
外観どおり粘性が高く、とろみがありクリーミーな印象。ボディは厚みがあり、カリフォルニアらしい力強さがありながらも、品よくまとまっているところが1000円台前半のワインとは違うワンランク上の味わいです。
クリームソース系のコクのある魚、鶏肉や豚肉の料理、チーズフォンデュなどによく合いそう。この日はロールキャベツを煮込んだクリームシチューと試してみましたが、濃厚でクリーミーなもの同士よく引き立て合って、美味しくいただくことができました。
別窓 | アメリカワイン | コメント:0 | トラックバック:0 
| ワインアドバイザー虎の穴 『Q』 | NEXT

アフェリエイト3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。