「虎の穴」へようこそ!全国大会決勝出場を目標に、日々修行中のワインアドバイザーの日記です。
http://robert10.blog108.fc2.com/
WSET Level3 アドバンスコース 第2回目受講
2017-04-26 Wed 01:25
4月15日の土曜日にWSET level3 アドバンスコース第2回目の講義を受けてきました。

当初は平日夜のクラスも考えたのですが、会社がある海浜幕張からは遠いため、土曜日の冨永先生のクラスを受講することに決めました

前回は最初ということで、このコースのカリキュラムや本試験についてのオリエンテーション的意味合いが強かったのですが、今回からいよいよアクセル全開モードへ突入となります。

第2回目は、ソムリエ教本でいえば「酒類飲料概論」の『原料ブドウ・ブドウ栽培』の部分になるでしょうか。
しかし、内容はそれよりはるかに詳しく論理的、講義の内容もシステマティックです。
この部分は、『ワインの科学(ジェイミー・グッド著)』や堀賢一さんの一連の著作で繰り返し読んでいた箇所と重なる部分が多く、割合スムーズに理解することができました。
やはり不断の勉強の大切さをつくづく実感します

この日出されたテイスティングアイテムは赤2種類。

WSETのテイスティングは、品種名は問われないのですが、この日は品種とそれぞれの産地の気候について問われました(その根拠も)。
一つはカベルネ・ソーヴィニヨン特有のミントのような清涼感が感じられ、ボルドーブレンドのようなバランスの良さを感じたため、カオー・メドックのカベルネ・ソーヴィニヨン主体のワインと判断。
二つめもグラスの底が見えないくらい黒みを帯びた濃い色調、タンニン量は多いもののシルキーで、酸味もしっかりと感じたためバロッサのシラーズかなと判断。

しかし「このワインは二つとも同じブドウ品種です」という一言で、思考の迷宮に陥ってしまいました。

再度口に含んでみると、両方のワインともにタンニンはシルキーで滑らかで全体的にまろやかさも表れてきたため、メルロに変更。
一つめでミントのようなニュアンスを感じたのは、比較的涼しい産地の青臭さなのかも・・・と思い直したりしましたが・・・。

結果はなんと二つともカベルネ・ソーヴィニヨンでありました。

一つめは最初の予感が的中しており、メドック2級のグラン・ヴァン「Ch.Durfort-Vivens」、二つめはナパ・ヴァレーの「Textbook」。

ナパのカベルネは、出されれば分かると高を括っておりましたが、やはりブラインドは難しい・・・。

といいますか、ここしばらく真面目にテイスティングの訓練をしてこなかったので、当然の結果といえるかもしれません。

次回の講義はGW明けとなり、あと2週間ありますので、なんとかそれまでに立て直しを図りたいと思います^^;
スポンサーサイト
別窓 | WSET | コメント:0 | トラックバック:0 
WSET Level3 アドバンスコース 第1回目参加
2017-04-16 Sun 15:07
Jプレゼンスアカデミーワイン教室の「WSET Level3 アドバンスコース」が、昨日いよいよスタートし、第1回目に参加してきました。

講師は、日本でも数少ないWSET Level 4 Diplomaの資格保持者で、チーズプロフェッショナル協会理事としても有名な冨永純子先生。

これまでチーズプロフェッショナル試験の会場で司会進行役をされているお姿しか拝見したことがなく、その時の印象はカベルネ・ソーヴィニヨンから造られた上質なワインのように端正で上品、どちらかと言えば物静かな印象(試験官なので当たりまえなのですが)だったのですが、最初の1分でその印象は見事に覆されてしまいました。

もちろん良い意味でですが^^;

先ずは部屋の端まで届くハイテンションで大きな声に圧倒されました。

とにかくアップテンポでパワフル全開。

先ずはLevel3試験の概要についてのお話があったのですが、今年度より内容が刷新され、難易度はさらに増し、Level4に近づいているとのこと。

日本ソムリエ協会の呼称資格試験は、ボルドーの格付けシャトーやブルゴーニュのグラン・クリュを手始めに、覚える量がとにかく多く、どちらかというと暗記中心の学習であったわけですが、WSETの場合は、「なぜそのようなブドウ栽培をするのか?なぜそのような醸造方法を用いるのか?」といったように論理的な理解に重点が置かれます。

ワインテイスティングにしても、最終的にブドウ品種や産地、ヴィンテージの結論を導いていくソムリエ協会の方式とは違い、それがどのような品質レベルのワインなのかに重きが置かれており、なんと品種自体を結論付ける項目がありませんΣ(゚□゚(゚□゚*)

テイスティングのアプローチは、ソムリエ協会呼称試験と重なる部分も多いものの、例えばソムリエ教本では第2アロマに分類されるMC法による香りが第1アロマであったり、第3アロマに分類されるオーク樽由来の香りが第2アロマであったりと、基準が違うものも多々あり、これはWSETの基準に慣れていく必要があります。

この日は、実際のテイスティングアイテムとして、イタリアのデイリーワイン(シンプルな白)、ソノマのシャルドネ(複雑性のある白)、ボージョレ・ヴィラージュ(若々しい赤)、タウラージ1998(熟成した赤)の4種類が出されたのですが、WSET流のワイン評価方法をとても分かりやすく解説していただきました。

    IMG_1273.jpg

この日いただいた教材の数々・・・。

内容をパラパラとめくってみましたが、分かりやすい挿絵や画像が多用され、ソムリエ協会教本より理解しやすい印象。

これから10月上旬試験に向けて、またアスリートのようなワイン生活が始まります。

講義の最後に冨永先生にご挨拶したのですが、な、なんと、このブログをご覧いただいたことがあるようで、名乗る前に「チーズプロフェッショナル試験合格おめでとうございます!」と思いがけないお言葉をいただいてしまいましたΣ(゚д゚|||)

先生のようなハイレベルな方にご覧いただくような内容ではとてもないことは自分自身がよくわかっていますし、このところ更新サボってばかりなので、穴があったら入りたいとはこのことなんだと実感しました・・・:(´◦ω◦`):

これは是が非でも合格しないと・・・。

なにやらアジア各国の受験者中トップ3の成績に入ると、3000£(日本円で約40万円くらい?)の報償もいただけるらしく、それをモチベに頑張ってみることにしますヽ(´∀`)ノ
別窓 | WSET | コメント:0 | トラックバック:0 
ブドウ栽培2017その2 春の訪れ
2017-03-29 Wed 11:05
日々の忙しさにかまけ、気づいてみれば2ヵ月ぶりの更新となってしまいました

一昨日は寒の戻りがあり、関東でも真冬を思わせる寒さとなりましたが、春はもうそこまで来ております。

わが家の小さな庭にも春の訪れを告げる花が咲き始めてきました

    IMG_1140.jpg

これは毎年プランターに真っ先に花をつける「ムスカリ」という名の球根植物。

買って植えた記憶もなく、したがって名前も知らないまま勝手に毎年花を咲かせているのですが、気になって調べたところヒヤシンスの近縁にあたることが分かりました。
花がブドウの房のように見えることから、英名は「グレープヒヤシンス」とのこと。

    IMG_1141.jpg

イチゴの花も咲いてきました。
昨年は収穫できた実が少なかったのですが、今年は期待しております

    IMG_1138.jpg

チューリップはもう少しで花が咲きそうです

    IMG_1142.jpg

ブルーベリーは沢山の小さな花が咲き始めてきました。
これも昨年は一年目でほとんど収穫できなかったので、今年が楽しみです。

    IMG_1148.jpg

さて、肝心のブドウですが、マスカット・ベーリーAはようやく“萌芽”の段階に差し掛かり、芽が膨らんできております。

    IMG_1144.jpg

一方、カベルネ・ソーヴィニヨンは未だに休眠状態のまま。
晩熟型の代表らしく、まだまだ暖かくならないと芽がでてこないようです。

話は変わりますが、新しいソムリエ教本は今月上旬に入手し、現在変わった点を調べております。

「チーズプロフェッショナル教本」も入手はしているのですが、まだよくみれておりません。

できましたら極力今年も重要ポイントや実戦問題を作成し、アップしていきたいと思っております
別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0 
WSET説明会参加
2017-01-22 Sun 12:23
今年の大きな目標として、「WSET Level3」合格を目指したいと考えております。

これまで独学でJ.S.A.ワインアドバイザー、シニアワインエキスパート、CPAチーズプロフェッショナルなどに合格してきましたが、これから一層成長していくためには、我流ではなく、やはりシステマティックに勉強いていくことが不可欠であろうと考えたわけです

いろいろネット上で探していたところ、南青山にあるキャプランさんが20日夜に説明会を開催されるとのことで、仕事が終わってから参加してきました。
昼間には雪がちらつくとても寒い日でしたが、数十名の方が参加されておりました。

説明会ではWSETとはどのような資格なのかから始まり、Level1から最高峰であるLevel4(Diploma)までのカリキュラムと、ソムリエ呼称資格試験との違いなどを解説ただいたあと、実際にブルゴーニュの赤ワイン1種類を使ってのWSET流テイスティングの実演

Level3の講義では、一方的に聴くだけの講義ではなく、テキストを理解した上でのディスカッションが中心となるようで、予習をしっかりとして参加しないとついていけないカリキュラムのようです。
またそのディスカッションにも正解が必ずしもあるわけではないようで、その辺りが欧米式の考える力をつける教育体系なのかなと感じました。

テイスティングも、ソムリエ協会流のテイスティングとの共通点も多々あるものの、独自の手法に沿った分析をしなければならず、よりシステマティックに考える必要があるようです。

講義は4月から始まり、試験が10月と長丁場となります。

日程的には平日の夜、仕事が終わってから青山まで通っての出席になり、かなりハードなスケジュールとなりそうですが、それだけに合格したときの達成感も大きいのでしょう。

さて、毎晩の晩酌代を節約して、授業料を捻出しないといけません (ノ_<)
別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0 
ぶどう栽培2017その①『休眠期』
2017-01-15 Sun 20:36
今年一番の寒波襲来ということで、日本海側は大雪、私の故郷佐渡でもかなりの積雪となっているようです

もっとも今住んでいる千葉県の方では、寒いものの風もあまりない晴天の日が続き、日中の日差しは暖かさを感じるくらいで、同じ日本でも全く違う世界のようであります


さて、昨年の春に庭のプランターに植えたぶどうの樹も、葉がすべて落ち、休眠期に入っております。

     ブドウの樹20170115

右側がカベルネ・ソーヴィニョン、左側がマスカット・ベーリーA

昨年は苗を植えて一年目ということで、両方とも好きなように伸ばしておいたのですが、画像でもお分かりのようにカベルネ・ソーヴィニョンの方が樹勢が強く、2倍以上枝が伸びているのが分かります。
仕立て方は、畑と違い垣根仕立てや棚仕立ては出来ないので、プランターの支柱にらせん状に枝を誘導する“行灯仕立て”。
画像は葉が落ちてから余分な枝を剪定した状態で、主幹がぐるぐると支柱に巻き付いているのがわかります。

     ブドウとブルーベリーの苗木

これが昨年4月上旬に苗を植えたばかりの状態。

     庭のぶどう20160606

これは同じく6月の梅雨入り前の状態。
カベルネ・ソーヴィニョンと、マスカット・ベーリーAの葉の形の違いなどがハッキリと分かります

6年前にデラウエアを植えたときには、度重なるコガネムシの襲来で枯れてしまったのですが、今年は多少の被害はあったものの順調に成長しました。
一年目で実は付けなかったのですが、今年は実を付ける期待を込めて、ぶどうの生育サイクルをレポートしてみたいと思います。

     チューリップ1

     チューリップ2

冬になって庭が寂しくなってきましたので、先月上旬にチューリップの球根を植えました。

春になって花が咲くのが今から楽しみです
別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0 
| ワインアドバイザー虎の穴 『Q』 | NEXT

アフェリエイト3